ファッションデザイナー認定試験口コミ評判

ファッション業界には、アパレルメーカーの洋服や靴やカバンからファッションショーのドレスまで、幅広い分野におけるファッションデザイナーが存在しています。

服飾やデザインの専門学校を経てアパレルメーカーで研鑽を積み、独自のブランドを立ち上げる人。美術大学や服飾大学を卒業した後に海外へ留学し、ファッションショー専門のデザイナーになる人。その経歴は人それぞれ違っていますが、華やかな業界だけに、ファッションデザイナーとして活躍するのは狭き門でもあります。

問われるのはセンスと、斬新さです。より多くの人に受け入れられるデザインであるというのも重要になるでしょう。企業のアパレルメーカーのデザイナーであれば、流行を取り入れた素材や色を、売れる洋服にデザインするということも必要になってきます。

そこで、就職する際に有利に働く資格として、日本デザインプランナー協会が開催しているファッションデザイナー認定試験を取得しておくとよいでしょう。

日本デザインプランナー協会

技術やスキルの水準を高く持つことを目標とし、様々なデザイン業界で活躍する人材の育成を目的としている団体です。一定以上の能力を備え、技術を満たした者が取得できる認定試験を実施しています。

ファッションデザイナー認定試験について

ファッションの名称や素材の種類の知識、デザインの知識、リサーチ能力、デザイン画の作成、縫製の方法、などを勉強することが必要です。

働きながら勉強して取得するという方法もあると思います。通信講座を受講し、自宅で勉強するという方法もあります。専門学校で、じっくり学ぶというのもよいでしょう。

認定試験はおよそ2カ月に一度行われているため、自分のペースに合わせて受験できるので、勉強方法もそれに合わせて考えるとよいでしょう。
ファッション資格のファッションデザイナーはこちら
申し込みはインターネットからできます。日本デザインプランナー協会の認定試験は、すべて在宅受験という形式をとっていますので、自宅にて期間内の都合のよい時に受験することができます。忙しい学生でも社会人でも、どんな方でも受けることができるのがいいですね。

受験料は、消費税込みで10,000円です。

合格基準と合格発表

全体の70%以上の評価を得られると合格となります。合格通知は、受験日からおよそ1カ月後に郵送にて自宅に届きます。

合格すると、有料で合格認定証と認定カードを発行することができます。

発行料は、それぞれ5,500円となっています。

ファッションデザイナーとして働くには

ファッションデザイナー認定試験に合格したら、アパレルのメーカーやブランド、デザイン事務所、服飾の企業へ就職して、たくさんの経験と修行を積み、洋服を作る技術とセンスを磨く、という方が多いようです。また、フリーランスや独立開業して、成功されている方もいらっしゃいます。自分のセンスを磨き、幅広く活躍するには、実践することが大事です。そして、尊敬できる上司や師匠との出会いはとても大切です。この先の人生を左右するかもしれません。自分を売り込む能力も身に付けておくと、将来きっと役に立つでしょう。

自分のなりたいファッションデザイナーを目指していけるといいですね。
ファッションデザイナー  スタイリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です