ピアノ調律技能検定について

ピアノ調律技能検定とは、ピアノの調律や保守の知識・技術を問う国家試験です。ピアノはほかの楽器以上に繊細かつ複雑といわれ、調律や保守が難しいとされています。そのため高度な専門知識や技術を持った調律師が必要となるのです。ピアノの調律師が国家資格となったのは2011年と最近のことですが、業界内での有資格者の信頼度は高く、ピアノメーカや楽器店などで活躍している人が多くみられます。近年では女性の有資格者が増えていることも特徴です。

ピアノ調律技能検定には1級~3級の試験があります。いずれの級も学科試験と実技試験によって構成されています。試験に合格するには実務経験を積んだり、協会公認の養成機関や学校で学ぶ必要があります。

ピアノ調律技能検定3級について

■受験資格
学科試験
1)1年以上の実務経験を有する者
2)大学、専門高校、短大、高専、高校専攻科、専修学校、各種学校、養成機関を卒業、または普通職業訓練を修了した者
3)大学、専門高校、短大、高専、高校専攻科、専修学校、各種学校、養成機関に在学する者、または普通職業訓練をうけている者

実技試験
・3級の技能検定において、学科試験に合格した者

■受験料
学科試験:8,500円
実技試験:23,500円

■試験範囲
【学科試験】
①音楽一般
音楽の基礎、音の性質
②ピアノ概論
歴史、使用と保守管理、機構と材料、ピアノ調律、ピアノ整調、ピアノ修理、ハイブリッドピアノのメンテナンス

【実技試験】
①ピアノ調律作業
②ピアノ整調作業
③ピアノ修理作業

ピアノ調律技能検定2級について

■受験資格
学科試験
1)2年以上の実務経験を有する者
2)専門高校、短大、高専、高校専攻科、専修学校、各種学校、養成機関を卒業又は普通職業訓練を修了後、1年以上の実務経験を有する者
3)協会が定めた定めたピアノ調律に関する科目等が含まれる大学を卒業した者
4)3級の技能検定に合格した者

実技試験
・2級の技能検定において、学科試験に合格した者

■受験料
学科試験:8,500円
実技試験:26,500円

■試験範囲
【学科試験】
①音楽一般
音楽の基礎、音の性質
②ピアノ概論
歴史、使用と保守管理、機構と材料、ピアノ調律、ピアノ整調、ピアノ修理、ハイブリッドピアノのメンテナンス

【実技試験】
①ピアノ調律作業
アップライトピアノ
②ピアノ整調作業
アップライトピアノ、グランドピアノ
③ピアノ修理作業
張弦、センターピン交換、コード類交換

ピアノ調律技能検定1級について

音楽療法資格の音楽療法インストラクターはこちら
音楽療法資格のメンタル心理ミュージックアドバイザーはこちら
■受験資格
学科試験
1)7年以上の実務経験を有する者
2)専門高校、短大、高専、高校専攻科、専修学校、各種学校、養成機関を卒業、または普通職業訓練を修了後、5年以上の実務経験を有する者
3)協会が定めた定めたピアノ調律に関する科目等が含まれる大学を卒業後、3年以上の実務経験を有する者
4)2級の技能検定に合格した者であって、その後2年以上の実務経験を有する者

実技試験
・1級の技能検定において、学科試験に合格した者

■受験料
学科試験:8,500円
実技試験:29,500円

■試験範囲
【学科試験】
①音楽一般
音楽の基礎、音の性質
②ピアノ概論
歴史、使用と保守管理、機構と材料、ピアノ調律、ピアノ整調、ピアノ修理、ハイブリッドピアノのメンテナンス

【実技試験】
①ピアノ調律作業
アップライトピアノ、グランドピアノ
②ピアノ整調作業
アップライトピアノ、グランドピアノ
③ピアノ修理作業
張弦、センターピン交換、ダンパーワイヤー交換
音楽療法音楽療法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です