ビル経営管理士試験について

ビル経営管理士とは、延べ面積が1000平方メートルかつ、階数が5以上ある賃貸ビルの経営に携わる専門家です。不動産、コンサルティング会社、ビルメンテナンス業などのプロフェッショナルとしての需要が高く、近年注目を集めています。具体的な仕事内容は、ビル経営に関する企画・立案から賃貸営業および管理・運営です。

ビル経営管理士になるには、国土交通大臣認定資格を取得する必要があり、年に1回行われる(財)日本ビルヂング経営センターが実施するビル経営管理士試験を受け、合格しなければなりません。

ビル経営管理士試験の概要について

この資格試験自体は誰でも受けることができますが、ビル経営管理士の資格認定を受けるには一定の条件が求められます。その条件とは、以下の通りです。

1)5年以上の実務経験と賃貸ビル管理の実務経験が2年以上の者。
2)不動産経営管理の実務経験が5年以上で、ビル経営管理士講座の修了者。
3)賃貸ビル経営の実務経験が3年以上の者。
4)賃貸ビル管理の実務経験が2年以上で、ビル経営管理士講座の修了者。

ただし、以下の項目に当てはまる人は資格登録要件を満たしていてもビル経営管理しの登録を行うことはできません。

・成年被後見人または被保佐人。
・禁錮以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わり、または刑の執行を受けることがなくなった日から2年が経過していない者。
・破産者で復権を得ない者。

■申込期限と試験日程

申込期限:10月上旬~下旬ごろ。
試験日程:12月中旬ごろ。

■受験会場
札幌、仙台、東京、大阪、名古屋、福岡のいずれかと定められています。

■受験料
32.400円

※ただし別途で登録料が21.600円必要です。
※ビル経営管理講座は129.600円となっています。

■合格発表日
1月末旬ごろ。

■問い合わせ
一般財団法人 日本ビルヂング経営センター
TEL:03-3211-6771

一般財団法人 日本ビルヂング経営センターホームページ

ビル経営管理士試験の科目や免除制度・難易度について

ビル経営管理士試験は、賃貸オフィスビルに関する4つの科目によって構成されています。

■試験科目

・企画、立案
・賃貸営業
・管理、運営
・総合記述

■免除
ビル経営管理講座を修了した者は、総合記述の科目が3年間免除されます。

■合格基準と難易度

下記の条件をすべて満たすことが合格の条件とされていますが、その年の試験の難易度によって変動することもあります。

・3科目合計300点満点中、おおよそ180点以上の得点。
・各科目が100点満点中、おおよそ58~62点以上の得点。

近年の合格率は67.1%~69.5%となっています。
難易度は「やや易しい」レベルなので、決して難しい試験ではありません。
特に不動産や証券に関する時事問題の知識を持っていれば、有利でしょう。

ビル経営管理士の更新登録について

ビル経営管理士は1度試験に合格したら、永続的に資格を保有できるわけではありません。
ビル経営管理士の登録有効期間は5年間。期限が切れるまでに登録更新をする必要があります。登録更新にあたり、求められる条件は以下の通りです。

・賃貸ビル経営管理に関する研究報告書をセンターに提出する。
・日本ビル経営管理士会に入会している。
・更新期日までに、センター主催の講習会等に1回以上参加している。

なお、更新料は10.800円となっています。
更新を行わなければ、登録は抹消されてしまいますので注意しましょう。
登録抹消後の再登録の場合、新規扱いとなり料金は21.600円となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です