ビオトープ管理士について

ビオトープとは、ドイツ語で「生き物のすむ場所」という意味です。ビオトープ管理士は、地球本来の生態系の維持に努め、生物たちの生息空間の維持や保全を行うスペシャリストとなります。

ビオトープ管理士の主な活躍の場は、ビオトープ整備が求められる各地の学校や公園の再生事業や管理事業です。このほか建設関連や造園、都市計画コンサルタントとして活躍する有資格者や、自治体で環境教育における技術の提供や指導を行う人もみられます。

ビオトープ管理士の受験資格について

ビオトープ管理士には1級・2級の等級が設けられています。
2級の受験制限には特に制限がありませんが、1級を受験する場合は、下記のいずれかの条件を満たさなければなりません。

■1級受験資格
1)4年制大学卒業後、7年以上の実務経験を有すること
2)大学院(土木、造園、農業、生物関係に限る)を卒業後、5年以上の実務経験を有すること
3)短期大学・専門学校・高等専門学校卒業後、9年以上の実務経験を有すること
4)高等学校卒業後、11年以上の実務経験を有すること
5)中学校卒業後、14年以上の実務経験を有すること
6)技術士の資格を取得後、4年以上の実務経験を有すること
※ただし建設、農業、林業、水産、環境の5部門に限る
7)ビオトープ管理士2級取得後、7年以上の実務経験を有すること
8)1級土木施工管理技士・1級造園施工管理技士資格所有者で、実務経験4年以上
9)2級土木施工管理技士及・2級造園施工管理技士資格所有者で実務経験7年以上
10)実務経験14年以上の者。

ビオトープ管理士の応募要項について

■試験日程と申込期間
1級
筆記試験:9月下旬ごろ
口述試験:12月上旬ごろ
申込期間:6月上旬~8月上旬ごろ

2級
試験日程:9月下旬ごろ
申込期間:6月上旬~8月上旬ごろ

■受験料(税込)
1級:11,000円
※筆記再受験者は5,000円
2級:7,000円

■合格発表日
1級(筆記):11月中旬頃
1級(口述):12月中旬頃
2級:12月中旬頃

■お問い合わせ
公益財団法人 日本生態系協会ビオトープ管理士係
TEL:03-5954-7106

ビオトープ管理士の試験概要について

ビオトープ管理士の試験は1級・2級共通で「共通科目」と「専門科目」によって構成されています。
共通科目では、生態学やビオトープ論、環境関連法について問われます。
専門科目は「ビオトープ計画管理士部門」、「ビオトープ施工管理士部門」など部門ごとに内容が異なります。

1級の場合、これらの筆記試験に合格した者に限り口述試験があります。口述試験では、試験管との質疑応答が約15分間にわたって行われます。

■合格基準
1級:下記の条件を満たすこと
・択一問題(共通科目、専門科目)で60%以上の正答率
・記述問題でA~Dの評価中、全問AまたはBの評価
・小論文「可」以上の評価
・口述試験で求められるレベルでもって適切、的確に答えられること
2級:以下の条件を満たすこと
・択一問題(共通科目、専門科目)で60%以上の正答率
・小論文「可」以上の評価

■合格率
例年の合格率は、1級が約20%、2級が約50%となっています。
2級の難易度は標準的ですが、1級となると難易度は比較的高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です