ネットショップ実務士・ネットショップ検定について

ネットショップ実務士・ネットショップ検定ともに、ネットショップ業界で働く上での技能や知識を判定するための資格試験です。
さまざまな商品がネットショップで購入できる昨今に対応して、特定の事業に偏らない基準で試験が構成されています。
そのため、ネットショップ関連の仕事につきたい学生や、新卒者という若い方からネットショップ経営に携わるベテランまであらゆる層が受験できる試験です。

ネットショップ実務士は1~5のレベルによって構成され、数字が大きくなるほど高レベルな仕組みになっています。
現在(2016年3月)の段階ではレベル4・5は準備中であり最高レベルは「3」となります。
また、レベル1・2の試験は「ネットショップ検定」と呼ばれ、ネットショップ実務士になるための資格試験と位置付けられています。

この記事では、1~3のレベルごとに試験概要について解説しています。

ネットショップ実務士レベル3の試験概要について

※レベル3は現在受付中止となっています。随時実施先ホームページをご確認ください※

ネットショップの実務経験持つ人の実戦能力を問うレベル3を受験するには、一定の条件を満たさなければなりません。
受験資格は以下の通りとなります。

■受験資格
・連続した3か月において、ネットショップによる3か月間の総売上が500万円以上かつ、ネットショップによる単月の売り上げが100万円以上。
・該当期間に40営業日以上の勤務経験がある。
・雇用主・上司による勤務実績認定申請書への署名・捺印。

上記の条件を満たす優良ネットショップでの実務実績が必要です。
実績の照明が難しい場合は「第三者認定機関による証明」もしくは「ネットショップ実務士レベル3実績認定対象講座の受講」が必要になります。

■申込期限と試験日程
申し込みはネットショップ実務士レベル3検定事務局にて行います。

〒105-0021 東京都港区東新橋2-10-10 東新橋ビル2階
一般財団法人ネットショップ能力認定機構
ネットショップ実務士レベル3検定事務局

TEL:03-3374-3431
※営業時間:土日祝日を除く平日10:00~18:00
Mail:info@acir.jp

■受験料(税込)
10,000円
ただしレベル2保有者は7,000円となります。

■合格発表日
実施先までお問い合わせください。

■試験内容
・勤務実績認定申請書が本人のものであるかを確認する面接。(レベル2取得者は免除)
・マネジメント、プロモーション、Web制作、運営の4分野において高度なスキルを持つかを問う。

なお、合格率は非公開となっています。そのため難易度の判断は難しいですが、受験資格に一定の条件が求められる点からも比較的難しい試験と考えられます。

ネットショップ検定レベル2の試験概要について

ネットショップ検定レベル2は、受験資格に制限はありません。
試験概要は以下の通りとなります。

■申込期限と試験日程
実施先ホームページから空席状況を確認の上、申し込み手続きに進んでください。
試験日程は空席状況によって異なります。

試験日の約3か月前から空席状況を確認することが可能です。

■受験料(税込)
7,500円

■合格発表日
試験終了日に確認できます。

■問合せ先
一般財団法人ネットショップ能力認定機構
Mail:info@acir.jp

■試験内容
・試験時間:80分
・出題数:70問(100点満点)
・回答形式:4択マークシート
[出題範囲] ①運営業務
②Web制作業務
③ライティング
④プロモーション業務等

■合格基準
49問以上の正答率。また、各分野ごとに50%以上の正答率。

合格率は非公開ですが、ほかの資格試験と比較した難易度は「比較的易しいレベル」とされています。
ネットショップ制作・運営・集客などに携わる人を想定した試験です。

ネットショップ検定レベル1の試験概要について

ネットショップ検定レベル1は、受験資格に制限はありません。
試験概要は以下の通りとなります。

■申込期限と試験日程
実施先ホームページから空席状況を確認の上、申し込み手続きに進んでください。
試験日程は空席状況によって異なります。

試験日の約3か月前から空席状況を確認することが可能です。

■受験料(税込)
6,500円

■合格発表日
試験終了日に確認できます。

■問合せ先
一般財団法人ネットショップ能力認定機構
Mail:info@acir.jp

■試験内容
・試験時間:80分
・出題数:70問(100点満点)
・回答形式:4択マークシート
[出題範囲] ①ビジネス知識
②小売業の分類と特徴
③前提知識
④実施知識実施知識
■合格基準
49問以上の正答率。また、各分野ごとに50%以上の正答率。

合格率は非公開ですが、ほかの資格試験と比較した難易度は「比較的易しいレベル」とされています。
ネットショップ事業会社の従業員のほか、ネットショップ業界の就職・転職を目指す人、内定者を想定した試験です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です