ドッグトレーニングアドバイザー口コミ評判

ドッグトレーニングトリミング

犬を連れて散歩をしている方は多いですね。かなり飼い主のマナーもよくなっています。ペットの人気は根強く、ドッグラン広場に連れて行って、他の飼い主さんと交流している場面をよく見かけます。高齢化がすすむ中で、犬を連れていると安心な心の拠り所にしている方もおられます。

ドッグトレーナーアドバイザーは

ドッグトレーナーアドバイザーは、飼い主さんに対して犬を正しくしつける方法をアドバイスすることができる資格です。犬のしつけについての基本についての知識を持って犬をトレーニングし、社会で人と共存できるようにしつけるのです。
ドッグトレーニング資格のドッグトレーニングアドバイザーはこちら

ドッグラン仲間の中で

『私はドッグトレーニングアドバイザーの資格を取得して、毎週日曜日にドッグランに出かけて多くの方と交流を深めています。資格を取ってから周りの人たちとの関わり方が変わりました。それまでは、愛犬をこよなく愛する同じ仲間という感覚で付き合っていたのですが、資格取得後は、まさしくアドバイザーになっています。

愛犬の病気のことや食べ物、散歩の仕方、いろいろなしつけなど聞いてこられます。中でも多いのがしつけの失敗です。いろいろな失敗のお話を聞かせていただき私が助言役をしています。相談される中で私が感じていることが、ペットショップや100均にあまりにも多くのグッズがありすぎるということです。犬も嬉しい反面、戸惑っているのではないでしょうか。

特に、お腹をよくこわすという犬の場合は、100均などで売っているグッズが壊れやすいということにも一因があることもわかってきています。グッズがすぐに壊れてその一部を食べてしまいお腹をこわすというものです。ドッグトレーニングアドバイザーとしては、資格取得で学んだことを生かして楽しい日曜日を過ごしています。』

世界でも通用する資格

実際に飼っておられる方は、その愛犬に合った方法でさまざまなしつけをする必要があります。ドッグトレーニングアドバイザーの資格は、日本だけでなく世界でも通用します。学んだ知識やスキルを生かせばどこでもできる資格ともいえます。上述の方のように、多くの仲間との交流に生かしていこうと思う方は、ぜひ取得して欲しいです。

講師を依頼されて

『私自身は犬を飼っていません。日本生活環境支援協会のドッグトレーニングアドバイザーの資格を持って、ペットショップで働いています。私がこの資格を取得しようと思ったのは、犬のしつけで悩むお客さんが多いということからです。おしっこやうんちのしつけから、街中を連れて歩くときのしつけまで、その相談は限りありません。

ある時、「愛犬家を集めて講師としてお話をしてもらえませんか。」という依頼があり、今でも「愛犬のしつけ」としてお話をさせていただいています。しつけは意外と自分ではできないものです。参加者の方の失敗談を交えて、少しでも悩んでいる方の助けになればと、地道に活動をしています。非常に喜んでいただいた方は、これからペットを飼いたいと思っている人で、「お話を聞いて安心して飼えると思う」という評価をいただきました。』

「愛犬のために」がきっかけで

『日本生活環境支援協会のドッグトレーニングアドバイザーの資格取得では、愛犬のしつけの方法を学ぶことができました。今までの私は、しつけといっても、ペットショップでトイレ用品を買って練習させたり、「お手」や「お座り」などの簡単なしつけをしたりする程度でした。ある雑誌でドッグトレーニングアドバイザーの資格のことを知り、「一度愛犬のためにがんばってみるか」という思いで勉強しました。

資格取得では散歩をする時の留意点やハンドサインやアイコンタクトを使った本格的な方法を身に付けていきました。3ヶ月ほどかかりましたが、無事資格が取れました。

インターネットから受験申し込み、そして在宅受験ができましたので結構楽に取得できました。テキストを基にしてしっかりと勉強し、「正しいしつけ」について、我が愛犬に実践しながらがんばりました。

取得後、「ドッグトレーニングアドバイザーとして講師をしてほしい」という仲間の誘いがあって自宅で学んだ知識と実践を披露しました。これからも愛犬のしつけで悩む人のために助言していければと思っています。』
ドッグトレーニング  ドッグトレーニング