ドイツ語技能検定試験について

ドイツ語技能検定試験とは、ドイツ語の実力や学習成果を客観的に測るための検定試験です。ドイツ語は、ドイツ、オールトリア、スイスのほか5か国で話されており、いまやEU圏で最も耳にする言語です。そのため、今後ニーズが高まる言語となるでしょう。

外資系企業への就職・転職のほか、ドイツ駐在員、国際交流団体の職員などで活躍する人が多い資格です。

ドイツ語技能検定試験には難易度別に1~5級の等級が設けられています。また成績優秀者および最年少・最年長合格者に賞状と副賞を授与されるのが特徴的です。

ドイツ語技能検定試験の受験要項について

■受験資格
特に制限はありません。

■試験日程と申込期間
試験は夏と冬に実施されます。実施時期によって受験できる等級が異なりますのでご注意ください。なお併願は隣り合った級のみ可能です。

夏試験
試験日程:6月下旬ごろ
申込期間:4月上旬~5月中旬ごろ
実施級:2・3・4・5級

冬試験
一次試験:12月上旬ごろ
二次試験:1月下旬ごろ
申込期間:9月上旬~10月中旬ごろ
実施級:1・準1・2・3・4・5級

■受験料
2016年夏から受験料が改訂されています。(準1級単願と1級単願は据え置きです)

1級:12,000円
準1級:10,000円
2級:8,000円
3級:6,500円
4級:4,500円
5級:3,500円

準1・1級:20,000円
2・準1級:17,000円
3・2級:13,500円
4・3級:10,000円
5・4級:7,000円

■お問い合わせ
公益財団法人ドイツ語学文学振興会 独検事務局
〒113-0033
東京都文京区本郷5-29-12-1006
TEL:03-3813-0596
受付時間:午前10時~午後5時
※土日祝休は休みです。ただし試験前日と当日は問い合わせ可能となります。

ドイツ語技能検定試験の1級・準1級・2級について

ドイツ語技能検定試験の1級・準1級・2級それぞれで求められるスキルは、以下の通りです。

■1級(筆記120分、聞き取り35分)
・標準的なドイツ語を不自由なく使え、専門的なテーマに関して書かれた文章を理解し、それについて口頭で意見を述べることができる。
・複雑なテーマに関する話やインタビューの対話などの内容を正確に理解できる。
・複雑な日本語の文章をドイツ語に、ドイツ語の文章を日本語に訳すことができる・・など。

■準1級(筆記90分、聞き取り35分)
・ドイツ語圏の国々における生活に対応できる標準的なドイツ語を十分に身につけている。
・新聞などの比較的複雑な記事や論述文などを読むことができる。
・自分の体験などについて詳しく話し、社会的・実用的なテーマについて口頭で自分の考えを述べることができる。
・比較的長い文章の要点を聞き取り短いドイツ語の文章を正しく書くことができる。

■2級(筆記80分、聞き取り30分)
・ドイツ語の文法や語彙についての十分な知識を前提に日常生活に必要な会話や社会生活で目にする文章が理解できる。
・やや長めの文章の主旨を理解し、内容についての質問に答えることができる。
・具体的かつ抽象的なテーマのインタビューや短い記事の内容を聞き取ることができる。
・短いドイツ語の文を正しく書くことができる。

ドイツ語の授業を約180時間(90分授業で120回)以上受講してい程度の学習経験が求められます。

ドイツ語技能検定試験の3級・4級・5級について

ドイツ語技能検定試験の3級・4級・5級それぞれで求められるスキルは、以下の通りです。

■3級(筆記60分、聞き取り30分)
・ドイツ語の初級文法全般にわたる知識を前提に簡単な会話や文章が理解できる。
・基本的なドイツ語を理解し,ほとんどの身近な場面に対応できる。
・簡単な内容のコラムや記事などの文章を読むことができる。
・短い文章の内容を聞き、簡単な質問に答え、重要な語句や数字を書き取ることができる。

ドイツ語の授業を約120時間(90分授業で80回)以上に相当する学習経験が求められます。

■4級(筆記60分、聞き取り25分)
・基礎的なドイツ語を理解し、初歩的な文法規則を使って日常生活に必要な表現や文が運用できる。
・家族や学校、職業、買い物など身近な話題に関する会話ができる・・など。

ドイツ語の授業を約60時間(90分授業で40回)以上に相当する学習経験が求められます。

■5級
・初歩的なドイツ語を理解し、日常生活でよく使われる簡単な表現や文が運用できる。
・挨拶の表現が適切に使える。自分や他人を簡単に紹介することができる・・など。

ドイツ語の授業を約30時間(90分授業で20回)以上に相当する学習経験が求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です