トリマー資格人気ランキング

ドッグトレーニングトリミング

はじめに

トリマーという資格は、昨今人気が上がっているものです。ペットのトリミングをする人のことです。ペットというと、主に犬や猫のことですが、いろいろな動物をペットにしている人はいます。もともと「トリミング」とは「不要な部分をカットする」という意味です。写真もトリミングして、余分な背景をカットします。日本では「トリミング」が一般的ですが、海外では毛つくろいをするという意味の「グルーミング」をするということで「グルームー」と呼ばれることが多いそうです。トリミングはグルーミングの中のひとつです。では、トリマーの資格の人気ランキングを紹介しましょう。

1位 ペットトリミングアドバイザー

ペットトリミングアドバイザーは、日本生活環境支援協会の資格です。試験は2ヶ月に1回行われています。資格は特になし、費用は1万円で、インターネットから申し込み在宅で受験します。試験期間中に、解答用紙に記入して郵送するという方法です。70パーセント以上の評価で合格となります。ペットトリミングアドバイザーは、犬や猫のトリミングについての基礎知識が問われます。それから、トリミングの手順についての知識が必要です。現在、いろいろな種類の犬や猫がペットして家族同然に飼われています。大型犬や小型犬、毛の長い種類の猫、毛が短い猫、など犬種や猫の種類についても知っておく必要があります。それだけでなく、それぞれの種類によっての手入れ方法の知識も必要です。また、はさみやバリカンなど道具の使い方に関する知識や、スキルについても学んでいるかどうか試験されます。資格を取ると、自宅やカルチャーセンターで、講師として活動することができます。
トリマー資格のペットトリミングアドバイザーはこちら

2位 トリマー開業インストラクター

日本インストラクター技術協会が発行するトリマーの資格は、トリマー開業インストラクターです。試験については、資格は特になし、費用は1万円、申し込みはインターネットで、受験は自宅で行います。70パーセント以上の評価を受けることができれば合格です。資格を得るための試験は、2ヶ月に一度開催されています。このトリマー開業インストラクターは、トリミングについての基礎知識のほかに、開業するための知識が必要です。開業のための知識とは、トリマーの就職先について、職業病についての対策とアドバイス、トリマーとして運営していくためのポイント、顧客情報の管理方法、顧客を固定客にするための方法、トリミングのカルテの作成方法と管理方法などです。また、トリマーの繁忙期と閑散期にはどうしたりいかという対応も考えなくてはなりません。つまり、技術だけでなく事業として行うための知識も必要ということです。トリマー開業インストラクターという資格があれば、トリマーとして仕事ができるともいえますね。
トリマー資格のトリマー開業インストラクターはこちら

3位 ドッグトリマー

ドッグトリマーは、日本ケンネルカレッジの資格です。ドッグトリマー養成講座を受講します。この通信講座を修了したあと、実技のスクーリングに生き、認定証を受けることで得られるものです。認定証までで費用は136000円と言われています。トリマーとは、犬の美容を考えて行うものです。特に犬は毛はが全身にあるので、全身のバランスを見ながら毛を整えていかなければなりません。同時に、犬の健康状態もチェックしてあげます。ドッグトリマーの資格を持つと、その後の仕事に有利です。動物病院、ペットショップ、個人宅のペットシッター、動物プロダクションなどです。また、ハンドラーという仕事もあります。ドッグショーの祭典で、いかに犬の魅力を、審査員に向けてアピールしていくか、という仕事です。トリマーの仕事の幅は、いろいろと広がってきています。

まとめ

トリマーの人気資格について紹介しました。犬が好きな人、猫が好きな人、そんな好きを仕事にしたい人なら、資格の勉強をすることは苦ではありませんね。専門知識を広めれば、これから仕事としていく上で、信頼されます。どんな仕事をしたいのかという気持ちから考えて、トリマーの資格を取りましょう。
トリマー  トリマー