テープライターの資格について

テープライターとは、録音された内容を文章に書き起こすことを仕事とするスペシャリストです。書き起こす内容は幅広く、雑誌のインタビューのほか、企業の会議、講演会などがあります。

テープライターになるには、必ずしも資格が必要という訳ではありません。しかし、資格を取得することで一定の知識や技能を身につけていることを証明でき、信頼度を高めることができます。なお、テープライターの資格は現在のところ統一された公的な資格はなく、民間資格のみとなります。

テープライターの収入と将来性について

テープライターの報酬の相場は、60分間の音声の書き起こしで1万~2万円ほどとされており、比較的効率よく収入を得られることで知られています。また、自宅で作業することができるため、仕事の空き時間や家事・育児との料率がしやすく、副業としても非常に人気があります。また、書き起こしを通して幅広い知識が身につくことも魅力のひとつです。

テープライターに仕事を依頼するのは、企業から行政・教育機関、医療機関、芸能関係などジャンルを問わずさまざまです。このほかインタビューや講演会、座談会といった単発の依頼を受ける場合もあります。

特別なスキルが必要とされるスキルなので、今後も需要が見込める資格といえるでしょう。

テープライターの資格取得方法について

テープライターを取得する方法として、「テープライター養成講座」を受講するという方法があります。養成講座を実施している代表的な機関が、通信教育・通信講座の「諒設計アーキテクトラーニング」です。

諒設計アーキテクトラーニングの「テープライター養成講座」は約6か月の期間で実施され、7回にわたる課題を提出し、クリアすることで資格を取得できます。また、期間内に課程を修了できなかった場合でも6か月間は無料で受講期間を延長することが可能です。そのため仕事をしながら資格を取得したい人や、子育てと両立させたい人でもライフスタイルに合わせて受講することができるでしょう。

■費用について
一括払いの場合は73,000円となります。分割払いも可能で、12回払いの場合は月々の支払いは6,400円となります(初回のみ7,148円)。送料は全国どこでも無料です。

■教材について
教材はテキスト5冊(教養編1・教養編2・実務編1・実務 編2・実務編3)とCD教材2巻、そして練習問題集、ガイドブック、新日本語ハンドブックなどがあります。また、ヘッドフォンもついているので自分で用意しなくても構いません。

初心者からでも資格が取得できるよう、学習サポートは充実していますが、テープライターには必要最低限の技能として、パソコンの基本スキルやタイピングスキルが求められます。教材での勉強とあわせて、自分でもタイピングの速さや正確さを上げるための勉強をすると、より高い技術が身につくでしょう。

テープライタ養成講座の就業サポートについて

「諒設計アーキテクトラーニング」によるテープライター養成講座で資格を取得した場合は、就業サポートを受けることができます。実施先による専門スタッフが随時電話で仕事に関するアドバイスなどを行ってくれるので、初心者でも安心です。さらに就業マニュアルも配布されています。

■お問い合わせ
諒設計アーキテクトラーニング
〒162‐8717
東京都新宿区早稲田町5番地4号
TEL:0120-004-252
お問い合わせは、こちら
公式ホームページ:http://www.gakubun.net/pc/00000003/e/C180000/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です