ソムリエインストラクター認定試験口コミ評判

レストランで、お客様の好みや希望に合わせてワインを提供するソムリエは、ワイン専門の給仕人といわれています。ソムリエは、ワイン発祥の地であるフランスで作られた職業ですが、現在では認知度も高く、世界的に有名な存在です。レストランでは必ずと言っていいほど、ワイン選びのお手伝いをしてくれる店員の方がいます。

最近は、ワインの紹介雑誌やテレビなどでも多く取り上げられているので、ワインのことを知る機会も増えてきましたし、自分で選ぶ方も多いです。ソムリエのようにはいかなくても、今よりももっとワインのことが詳しくなって、生活の一部に役立てたいと思いませんか。

もしも、資格として知識を取得したいのであれば、日本インストラクター技術協会が主催しているソムリエインストラクター認定試験はおすすめです。資格を取得することで、食事とワインを今よりもっと楽しむことができるようになるばかりでなく、セミナーなどを開催したり、ワインを趣味にしている仲間と交流したり、確実に奥深いものになるでしょう。

必要な知識

ワインには品種、原産地、製造など、様々な種類があります。

ワインだけでなく、お料理との相性もとても大切なものなので、幅広い知識と、識別能力が問われます。保管の温度や、ワインに応じたグラスの選び方なども知っておく必要があります。また、お客様にアドバイスをする立場のソムリエには、コミュニケーション能力も必要不可欠です。
ソムリエ資格のソムリエインストラクターはこちら
努力と工夫が大事ですが、ライフスタイルの向上や仕事での活用など、目的をもって臨めば資格取得に向けていけると思います。

勉強方法としては、忙しい方におすすめなのが通信講座の受講です。自分のペースで学ぶことができますし、自分の都合に合わせて時間を作ることができます。

少し時間を決められる方は、資格取得のための公開講座やスクールに通ってみることをおすすめします。同じ目的をもった方との交流ができ、コミュニケーションを図る練習にもなります。仲間ができることで、ワインの情報交換をすることもできます。そこから輪が広がって定期的にワインの会を開催している方もいらっしゃるようです。

ソムリエインストラクター認定試験を受けるには

ソムリエインストラクター認定試験は、2ヶ月に1回のペースで開催されています。

年に6回チャレンジできますので、どのタイミングで受験するか、計画を立てやすいですね。

受験は、インターネットから申し込みます。受験料は税込みで10,000円です。

受験資格は、特にありません。どなたでも試験を受験することができます。

受験の形式は在宅受験です。試験会場に出かける必要はないので、忙しい方でも受験しやすくなっています。

試験を受けたら

合格基準は、7割以上の評価を得ることです。合格できた場合には、1ヵ月後に合格通知が郵送で自宅に届きます。

また、有料ですが、合格認定証と認定カードを発行することもできます。それぞれ税込み5,500円です。合格できたあかつきには発行してみてはいかがでしょうか。大きな達成感が得られると思いますよ。

ソムリエインストラクターになれたら

昨今、レストラン業界や食品業界の企業などで、ワインについて学びたい方はたくさんいらっしゃるようです。逆に、指導できる人がなかなかいないという状況のようです。ソムリエインストラクターとして、そのような企業やカルチャースクール、ワイン教室など、様々な場所で講師として活動することができます。

趣味として、生活の中で活用するのももちろんですが、仕事としても十分に活躍できるようです。
ワインソムリエ  ワインソムリエ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です