スポーツ栄養士(スポーツ指導者)について

スポーツ栄養士とは、スポーツ栄養の知識を持つ専門家として競技者を栄養面・食事面でサポートするスペシャリストです。なお、この資格は公的資格である「スポーツ指導者」のうち「メディカル・コンディショニング資格」に属する資格となっています。

メディカル・コンディショニング資格とは、主に医療機関やスポーツクラブチームなどで医科学をもとにした健康管理や、栄養・食事面でのスポーツ支援を行う人たちのことです。その中でもスポーツ栄養士は、地域や都道府県のスポーツ活動現場において、競技者が自己管理能力を高めるための栄養教育を行うことが役割となっています。

スポーツ栄養士(スポーツ指導者)の講座について

■受講資格
下記の項目にすべて該当することが条件となります。

・受講年度の4月1日の時点で22歳以上の管理栄養士
・スポーツ栄養指導の経験者、または予定がある者のうち、本会および日本栄養士会が認めた者

■カリキュラムの種類と時間
共通科目
・共通科目I、共通科目II、共通科目III
・日本体育協会による実施

専門科目
・集合講習及び実技・実習、インターンシップ
・合計116.5時間
・日本栄養士会による実施

■実施期間
6月~翌々年3月

■申込期間
3月上~下旬ごろ

■受験料
共通科目:19,440円(教材費含む)
専門科目:19,440円(別途経費がかかる場合あり)

■問い合わせ
専門科目についてはこちら。
特定非営利活動法人 日本スポーツ栄養学会
TEL:080-3576-5152
E-mail:sports-d@jsna.org

そのほか(講習会など)についてはこちら。
公益財団法人日本体育協会
スポーツ指導者育成部 スポーツ栄養士担当
TEL:03-3481-2226
FAX:03-3481-2284
※受付時間は平日の9:30~17:30(12:00~13:00を除く)

スポーツ栄養士(スポーツ指導者)の免除制度について

スポーツ栄養士では、下記の資格を保有している場合、申請によって免除を受けることができます。
なお、免除対象となる科目は共通科目です。どの共通科目が免除されるかは、保有資格によって異なります。
専門科目の免除に関しては、該当する中央競技団体にお問い合わせください。

【共通科目の免除対象資格】
・他の公認スポーツ指導者資格(有効期限内に限ります)
・スポーツリーダー認定証
・免除適応コース修了証明書
・その他関連資格

スポーツ栄養士(スポーツ指導者)共通科目のカリキュラム内容について

【共通科目Ⅰ】
・文化としてのスポーツ
・指導者の役割Ⅰ
・トレーニング論Ⅰ
・スポーツ指導者に必要な医学的知識Ⅰ
・スポーツと栄養
・指導計画と安全管理
・ジュニア期のスポーツ
・地域におけるスポーツ振興

【共通科目Ⅱ】
・社会の中のスポーツ
・スポーツと法
・スポーツの心理Ⅰ
・スポーツ組織の運営と事業
・対象に合わせたスポーツ指導

筋トレ資格の筋トレインストラクターはこちら
トレーニング資格のトレーニングサポーターはこちら
【共通科目Ⅲ】
・指導者の役割Ⅱ
・アスリートの栄養・食事
・スポーツの心理Ⅱ
・身体のしくみと働き
・トレーニング論Ⅱ
・競技者育成のための指導法
・スポーツ指導者に必要な アスリートの健康管理医学的知識Ⅱ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です