スポーツデンティスト(スポーツ指導者)について

スポーツデンティストとは、公的資格である「スポーツ指導者」のうち「メディカル・コンディショニング資格」に属する資格です。メディカル・コンディショニング資格とは、医科学をもとにした競技者の健康管理や、栄養・食事面においてスポーツ支援を行う際に役立つ資格です。主に医療機関やスポーツクラブチームなどで活躍している人や、これから活躍したいという人に適した資格となっています。

その中でもスポーツデンティストは、歯科医師の立場から競技者をサポートするのが主な役割です。具体的には、スポーツ歯科医学の研究や普及活動、競技会等における医事運営の支援、チームデンティストとしての参加といった面で活躍します。

スポーツデンティスト(スポーツ指導者)の講座について

■受講資格
受講年度の4月1日の時点で日本国の歯科医師免許取得後4年を経過し、下記の項目にすいずれかに該当することが条件となります。

①都道府県歯科医師会より推薦された者
②日本スポーツ歯科医学会より推薦された者
③別に定める選考基準を満たし、日本体育協会加盟競技団体より推薦された者

■カリキュラムの種類と時間
医科共通Ⅰ・Ⅱ
・公認スポーツドクター養成講習会によって基礎科目と同一日程で実施
・25時間、25単位

スポーツ歯科医学Ⅰ・Ⅱ
・21時間、21単位
・医科共通の受講修了の翌年度以降に受けることになります
・土曜日、日曜日の2日間で開催

■申込期間
推薦団体ごとに異なります。

■受験料
受講料:50,400円
スポーツ歯科医学Ⅱ免除者:36,000円

■問い合わせ
日本歯科医師会スポーツデンティスト担当
TEL:03-3262-9213
FAX:03-3262-9885
筋トレ資格の筋トレインストラクターはこちら
トレーニング資格のトレーニングサポーターはこちら
日本体育協会スポーツ指導者育成部スポーツデンティスト担当
TEL:03-3481-2226
FAX:03-3481-2284
E-mail:sports-dentist@japan-sports.or.jp

スポーツデンティスト(スポーツ指導者)医科共通のカリキュラム内容について

医科共通は4日間にわたって実施されます。詳細は、以下の通りです。

【医科共通Ⅰ】
1) スポーツ医学概論
2) 神経・筋の運動生理とトレーニング効果
3) 呼吸・循環系の運動生理とトレーニング効果
4) 内分泌・代謝系の運動生理とトレーニング効果
5) 運動と栄養・食事・飲料
6) 女性と運動
7) 発育期と運動(小児科系)
8) 中高年者と運動(内科系)
9) 発育期と運動(整形外科系)
10) 中高年者と運動(整形外科系)
11) メンタルヘルスと運動
12) 運動のためのメディカルチェック-内科系
13) 運動のためのメディカルチェック-整形外科系

【医科共通Ⅱ】
14) 運動と内科的障害(急性期・慢性期)
15) スポーツによる外傷と障害(1)上肢
16) スポーツによる外傷と障害(2)下肢
17) スポーツによる外傷と障害(3)脊椎・体幹
18) スポーツによる外傷と障害(4)頭部
19) 運動負荷試験と運動処方の基本
20) 運動療法とリハビリテーション-内科系疾患
21) 運動療法とリハビリテーション-運動器疾患
22) ドーピング防止
23) 障害者とスポーツ
24) 保健指導
25) スポーツ現場での救急処置

スポーツデンティスト(スポーツ指導者)スポーツ歯科医学のカリキュラム内容について

スポーツ歯科医学も医科共通と同じく4日間にわたって実施されます。

【スポーツ歯科医学Ⅰ】
1) スポーツ歯科概論
2) スポーツ医学のトピックス
3) スポーツと歯科(1)競技選手に多い疾患-硬組織疾患
4) スポーツと歯科(2)競技選手に多い疾患-軟組織疾患
5) スポーツと歯科(3)歯科疾患の予防
6) スポーツと歯科(4)咬合と全身の関係-神経筋機能
7) スポーツと歯科(5)咬合と全身の関係-身体平衡機能
8) スポーツと歯科(6)咬合と全身の関係-脳機能,生活体力・ADL,ほか
9) 薬物療法とドーピングコントロール
10) 海外遠征と歯科
11) 唾液検査の実際
12) 咬合解析・顎運動検査の実際
13) 顎関節障害に対する運動療法の実際
14) オーラルリハビリテーションの実際

【スポーツ歯科医学Ⅱ】
15) スポーツ外傷とスポーツ障害(1)硬組織・軟組織等
16) スポーツ外傷とスポーツ障害(2)筋組織とテーピング
17) スポーツ外傷とスポーツ障害(3)顎骨・軟組織の外科対応
18) スポーツ歯科外傷の安全対策(1)総論・安全指導
19) スポーツ歯科外傷の安全対策(2)マウスガード、フェイスガード
20) スポーツ歯科外傷の安全対策(3)マウスガード製作、調整
21) スポーツ現場における歯科的応急処置

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です