スパイス香辛料アドバイザー認定試験口コミ評判

スパイスというと、辛いというイメージがありますが、料理に香辛料を加えることで味に変化やアクセントがでて、うまみを引き立てたり、食欲を増進させたりといった効果があります。また、臭み消しや殺菌効果としても利用されています。ひき肉に対してナツメグを使ったり、魚に対してショウガを入れたりするのはそのためです。このように有名なスパイスもありますが、スパイスというものの種類はとてもたくさんあります。そこで、スパイス香辛料アドバイザーという資格を持った料理人や料理の専門家が存在しています。

スパイス香辛料アドバイザーは、料理の味付けの中で役割を果たしているスパイスの知識が専門的で、たくさんの使用方法を知っています。それぞれの料理に一番合うスパイスを選び、スパイスの効能も活かした料理を提案するのがスパイス香辛料アドバイザーの仕事になります。また、スパイスには消化作用の促進や新陳代謝の活性化、体質改善や疲労回復などの効果も期待できるので、スパイス香辛料アドバイザーは、スパイスを、味付けだけでなくバランスのよい体調作りへの影響も考慮して、スパイスを用いた料理レシピなどの提案をしています。

スパイス香辛料アドバイザーになるには

日本安全食料料理協会が開催している認定試験を受けて合格すると取得することができます。日本安全食料料理協会は、食品と料理の技術が定めた基準以上であることを認定する様々な資格試験を行っています。技術を備えた者として、企業や施設に対して、十分に通用する技術を活かしていける人材育成を目的とし、社会への進出を応援している団体です。

なお、「旧スパイスソムリエ」は、「スパイス香辛料アドバイザー」に名称を変更することになりました。名称変更に伴う、試験範囲や合格基準などの変更は一切ないとのことです。

試験に向かっての準備

スパイスの歴史や文化、種類を理解し、様々なスパイスの特徴を捉え、料理に活用できる知識を身に付けることが必要です。
スパイス資格のスパイス香辛料アドバイザーはこちら
通信講座や資格取得のためのスクールなどもありますので、自分に合った勉強法で進めていくのがいいでしょう。

試験を受けるには

日本安全食料料理協会では、様々な認定試験を実施しています。

試験は2ヶ月に一度のペースで行われていますので、受験のチャンスは年6回あります。

申し込みは、インターネットからです。受験料は税込10,000円、受験資格はありません。どなたでも受験することができます。

資格試験というと、会場まで足を運んで受験するイメージが強いですが、日本安全食料料理協会では在宅受験の形式をとっています。受験日も、期間内で都合の良い日を選べますので、予定が立てやすくなっています。

合格するには

70%以上の評価を受けることで、資格の認定を受けられます。

在宅受験ですから、準備さえ十分にしておけば、合格できるレベルだといえます。

試験に合格すると、合格通知が1ヵ月後に自宅に郵送されます。

また、合格認定証と認定カードを発行することもできます。発行するためには、それぞれ税込み5,500円が必要です。合格の記念に、発行してみてはいかがでしょうか。

スパイス香辛料アドバイザーとして

レストランや食品メーカー、スパイス専門店で働くことができます。就職の際に、履歴書に記入することもできるので、有利になることもあるでしょう。

また、カルチャースクールなどで講師をされる方もいます。

スパイスだけではなく、食品全般の知識も身に付けてさらにスキルアップを目指す方も多いようです。
スパイス  スパイス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です