シルバージュエリー検定について

シルバージュエリー検定とは、シルバージュエリーに関する知識と技術を問う検定試験です。試験は筆記試験と実技試験によって構成されており、実技試験に合格するには、専門学校や現場で経験を積むことが求められます。ジュエリー業界に就職希望するひとには大いに役立つ、今注目の資格です。

シルバージュエリー検定の応募要項について

■受験資格
特に制限はありません。

■試験日程と申込期間
試験は例年7~8月に実施されています。申込期間については、実施先へお問い合わせください。

■申し込み方法
受験申込書をダウンロードし、必要事項を記入のうえ実施先へ郵送します。受験申し込み後、受験料を指定口座へ振り込んでください。入金確認が完了次第、受験票と工具リストが送付されます。

申込書送付先
特定非営利活動法人 宝飾クラフト教育振興会
〒110-0016 東京都台東区台東3-13-10
TEL/FAX:03-3835-3312

■受験料
12,000円

■受験地
日本宝飾クラフト学院 東京本校
〒110-0015 東京都台東区台東3-13-10
TEL:03-3835-3388

■合格発表日
例年通り試験が実施された場合は、9月下旬ごろまでに郵送にて通知されます。なお筆記試験と実技試験いずれも得点は発表されません。

■お問い合わせ
特定非営利活動法人 宝飾クラフト教育振興会
TEL:03-3835-3312

シルバージュエリー検定の試験内容について

シルバージュエリー検定の試験内容は、基礎から中級レベルの貴金属加工技術と知識になります。試験は筆記試験と実技試験によって行われます。

■筆記試験
試験時間:約1時間
解答形式:択一方式と穴埋め方式
出題範囲:貴金属工具と加工の知識、貴金属の知識など

■実技試験
試験時間:約4時間
試験内容:ペンダントを制作します
問われる基礎技術:寸法、仕上げ、ロウ付け、すり合わせ、バランス

■工具・用具・材料について
指定工具や用具は各自で持参してください。シルバー素材は実施先より支給されます。持ち込みはできません。

■指定テキスト
下記のテキストより出題されます。
※指定テキストは受験年によって変更する場合があります。

・「宝飾クラフト技法の実際」(美術出版社刊)
・「オリジナルジュエリー入門」(美術出版社刊)
・「ジュエリーデザイン制作事典」(美術出版社刊)

■その他注意点・備考
・問題用紙や解答用紙は試験後回収します
・課題作品は試験終了後回収し、返却はしません
・各試験の開始前には20~30分間の事前説明があります
・午前中に筆記試験を行った後休憩時間を挟んで午後に実技試験が実施されるというのが例年の流れとなっています

シルバージュエリー検定の合格基準・再試験について

■合格基準について
シルバージュエリー検定の合格基準は、筆記試験・実技試験ともに100点満点中70点以上の得点となっています。実技試験の採点は問われる基礎技術となる5つの要素(寸法、仕上げ、ロウ付け、すり合わせ、バランス)から総合的に評価されます。

■再試験について
シルバージュエリー検定は原則として、筆記試験と実技試験の一括受験となっています。ただし、筆記・実技のいずれかが不合格となった場合は、不合格科目のみ翌年に再受験することが可能です。その際の受験料は、実技試験の場合9,000円、筆記試験は3,000円となります。
ハンドメイド手芸ハンドメイド手芸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です