シニアライフアドバイザー(SLA)について

シニアライフアドバイザー(SLA)とは、定年退職後や子育て終了後の中高年者の生活に対して、総合的にアドバイスができる相談員のことです。一般財団法人シニア・ルネッサンス財団による公的資格となっています。

本格的な高齢化社会に入った現代において、今後どのような時代を迎えるのか、誰もが不安を感じています。そのような状況の中で、健康的で経済的な問題もなく、生きがいを持って生きるためのサポートをするのが彼らの役目です。ファイナンシャルプランナーやケアマネジャーの資格も一緒に取得することで、より活動の幅が広がるでしょう。受験資格に制限はないので、どなたでも受験することが可能です。

<h2シニアライフアドバイザー(SLA)の応募要項について

シニアライフアドバイザー(SLA)の資格は、講習と修了考査によって取得します。
講習の受講には通学タイプと通信講座タイプがあります。

■申込期限と試験日程
通学タイプの講座は土日を使って行われるのが基本となっています。期間は8日間です。
また通信講座タイプは、通年受講が可能です。

通学タイプの講座の実施日や申込期間は、実施年度によって異なります。
詳細は、実施先までご確認ください。

■受験料(税抜)
通学タイプ、通信講座タイプともに58,000円です。

■受験地
実施する年度によって異なるので、実施先への確認が必要です。

■合格発表日
実施先への確認が必要です。

■問い合わせ
一般財団法人シニアルネサンス財団「SLA養成講座係」
TEL:03-3230-1771
FAX:03-3230-1772
E-MAIL:info@sla.or.jp

一般財団法人シニアルネサンス財団ホームページは、こちら

シニアライフアドバイザー(SLA)の講座概要について

シニアライフアドバイザー(SLA)の講座の主な内容は、以下の通りです。

■講座開講前のスケジュール
1次審査:論文審査
2次審査:面接

■講座の概要
開講時間:午前10時~午後5時
日数:8日間

【講座内容】

①総論
・ジェロントロジー
・我国における高齢化の現状と将来
・シニア ライフ アドバイザーの役割
・アドバイザーと心理学

②健康と医学
・高齢者の運動
・高齢者の食生活
・成人病の知識
・病気の予防

③家庭経済
・年金制度の正しい理解と対応
・相続税とその対策
・退職生活と税金
・生活設計と財産の運用
・高齢者をサポートする保険群
・高齢者の仕事

④家族関係と人間関係
・人間関係とトラブルの対処の仕方
・扶養と相続の法律問題

⑤生きがい
・ボランティアとは
・美しく老いるために
・生きがい
・生涯学習
・生き生き教室のすすめ

⑥商品とサービス
・訪問販売、商品取引、不動産取引の被害にあわない為に
・高齢者の衣(ファッション)
・高齢者のためのいたわり住空間

⑦福祉・介護
・社会福祉概論
・地域福祉論
・家庭介護入門及び実技
・福祉と介護に関する商品・サービス施設

通信講座の場合も科目は同じです。
テキストに沿って自学学習した後、課題を提出します。

また通信講座の場合は、受講開始から2年以内に指定された研修会に参加する必要があります。

シニアライフアドバイザー(SLA)の活躍の場について

シニアライフアドバイザー(SLA)の資格取得者の主な活躍の場は、実施先である財団からも多く提供されます。
以下は、その一例です。

・財団による「シニア電話相談室」でのシニアライフ全般に関する電話相談
・「シニアナビ総合研究所」 におけるシニア商品に関する調査や研究
・財団やSLAが主催する「シニア生き生き教室」の企画、運営、講師
・行政や企業などが開催するイベント、講演会等の企画、運営及び講師

このほか、スキルを活かした原稿の執筆や広報誌の編集・企画といった活動を行うケースや、ボランティア活動に生かす人も多くみられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です