コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)について

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)とは、「家庭犬のしつけ訓練士」という意味の民間資格です。NPO法人日本動物衛生看護師協会による認定資格であり、この資格を取得することで家庭で飼われている犬に社会ルールを教える知識や技能があることが客観的に証明されます。

コンパニオン・ドッグ・トレーナーは、自身が家庭犬にマナーを教える訓練を行うだけではなく、飼い主に対しても家庭犬への訓練方法を指導できることが特徴です。

コンパニオン・ドッグ・トレーナーの有資格者は、主に動物衛生看護師やブリーダー、ペットシッター、ペット関連の商品(雑誌、フードなど)を扱う企業で活躍しています。家庭犬に関する仕事に就いたいと考える人には、とっておいて損がない資格でしょう。
ドッグトレーニング資格のドッグトレーニングアドバイザーはこちら
ドッグトレーニング資格の犬のしつけインストラクターはこちら

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)の受験資格について

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)のライセンス試験を受けるには、下記いずれかの受験資格を満たす必要があります。一定の学歴が求められる場合もあれば、実務経験が求められるケースもあります。

1)家庭犬のしつけ訓練に関する3年以上の過程を有する専門学校、短期大学、大学を卒業した者(卒業もしくは修了見込者含む)で、協会が指定する家庭犬のしつけ訓練に関する講習会を受講し、その実技試験に合格した者

2)家庭犬のしつけ訓練に関する2年以上の過程を有する専門学校を卒業し、且つ2年以上の実務経験を有する者で、協会が指定する家庭犬のしつけ訓練に関する講習会を受講し、その実技試験に合格した者

3)資格認定委員会が学習および実務において同等と認め、20歳に達した者で、協会が指定する家庭犬のしつけ訓練に関する講習会を受講し、その実技試験に合格した者

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)ライセンス試験の応募要項について

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)ライセンス試験の応募要項は、以下の通りです。ただし、受験年度によって内容に多少の変動があります。下記の内容は目安としてご参考のうえ、詳細は受験年度ごとに発表される実施先の詳細をご確認ください。

■試験日程
筆記:1月中旬~2月中旬ごろ
面接:2月中~下旬ごろ

■申込期間
10月中旬~11月中旬ごろ

■申し込み方法
郵便振替用紙に住所、氏名、電話番号、在学校名、学年、受験する資格を記入のうえ、受験費用を郵便局に振り込みます。

■受験地
認定校各校舎

■費用
受験料:10,000円
登録料5,000円

※不合格者に対しては、登録料のみ返金されます。

■お問い合わせ
NPO法人日本動物衛生看護師協会
〒151-0063東京都渋谷区富ヶ谷2-14-8-201
TEL&FAX:03-5454-2531

お問い合わせフォームは、こちら
※お問い合わせはこちらの専用フォームが推奨されています。

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)ライセンス試験の試験内容について

コンパニオン・ドッグ・トレーナー(CDT)のライセンス試験は、「筆記」「実技」「面接」の3つの方法によって実施されます。試験の内容は、以下の通りです。

・動物と衛生に関する法規
・家庭犬に関する知識と技能
(犬種と特性、行動、飼育管理・事故防止、家庭犬のしつけと訓練)
・飼主に対する家庭犬のしつけ方の指導とアドバイス
ドッグトレーニングドッグトレーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です