ケアマネージャー(介護支援専門員)の資格試験について

ケアマネージャー(介護支援専門員)とは、介護が必要な高齢者や支援者と介護サービスをつなぐスペシャリストです。
この場合のサービスとは福祉・医療・保健を指し、介護保険制度を利用した最適なプランを個別に行います。
また、そのプランがきちんと実行されているか、また良い効果が出ているのかといったチェックやアフターケアを行うのも彼らの仕事です。

高齢化が進む日本において年々需要が高まっている、資格のひとつといえます。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の受験資格について

ケアマネージャーの試験には、厳密な受験資格が設けられています。
下記のいずれかの条件を満たすことで、受験資格が得られます。

■以下の資格に基づく業務の実務経験が5年以上
医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、 介護福祉士
視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、 きゅう師、柔道整復師
栄養士(管理栄養士を含む)、精神保健福祉士

■以下の施設における業務(助言・指導等の援助)の実務経験が5年以上
・老人福祉施設、障害者自立支援法に基づく障害者支援施設
・老人デイサービス事業、障害者自立支援法に基づく共同生活介護
・福祉事務所(ケースワーカー)
・医療機関における医療社会事業(MSW)

■下記のいずれかの実務経験が5~10年
・社会福祉主事任用資格者や訪問介護2級研修修了者→実務経験5年
・介護保険施設や障害者自立支援法に基づく障害者支援施設→実務経験10年以上
・老人居宅介護等事業、障害者自立支援法に基づく居宅介護→実務経験10年以上

ケアマネージャー(介護支援専門員)の試験要項ついて

■申込期限と試験日程
試験日程日はその年によって異なります。
ケアマネージャー(介護支援専門員)の試験対策を行っている専門サイトや、通信講座を運営しているサイトなどで確認するほか、各都道府県の介護支援課や高齢福祉課で各自、確認するようにしましょう。
10月中旬ごろに実施されることが多いです。

申込期限は、試験日の2~4か月前が目安となっています。

■受験料
受検する都道府県によって異なりますが、6,000円~10,000円が相場です。

■合格発表日
10月中旬ごろに実施された場合は、12月上旬になります。

■受験地
受験者が就業している勤務地の都道府県となります。
現在業務に携わっておらず、就業違ない場合は、お住まいの都道府県になります。

■問い合わせ
専門のホームページはないので、各都道府県の介護支援課や高齢福祉課へお問い合わせください。

ケアマネージャー(介護支援専門員)の試験内容・難易度について

■試験内容

①介護支援分野(出題数:25問)
・基本視点
・介護保険制度
・要介護や要支援認定特論
・介護支援サービス機能や要介護認定方法論など。

②保健医療福祉サービス分野(出題数:35問)
・高齢者の身体的・精神的特長と高齢期の疾病、障害
・訪問介護方法論
・通所介護方法論
・短期入所生活介護方法論
・福祉用具、住宅改修方法論
・指定介護老人福祉施設サービス方法論
・公的サービス、社会資源導入方法論など。

■合格基準
介護支援分野、保健医療福祉サービス分野ともに配点は1問1点。
合格点は介護支援分野が13点、保健医療福祉サービス分野が25点となっています。
両分野ともに正答率70%以上であることが求められています。

■難易度
合格率は15%前後を推移しており、難易度が比較的高い試験とされています。
通信講座が充実しているので、効率的に合格するために活用すると良いでしょう。
このほか、過去問を集めた専門サイトもありますので、出題傾向を把握し、しっかりと対策を行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です