クリーニングインストラクター認定試験口コミ評判

大掃除の時期になると、様々な清掃テクニックがテレビで紹介されています。高性能な洗浄剤も販売されたりしています。それでも、手の届かないところやエアコンなどの電気機材には、やはりプロの方にクリーニングをお願いしているという方は多いのではないでしょうか。

簡単なお手入れ方法を知っているだけで大掃除が楽になったり、住まいのどんなところも自分できれいにできたりすると、とても便利ですよね。

掃除の様々なテクニックを知っていると、どんな汚れも落とすことができるようになったり、効率よく清掃できたりするものです。

そのような清掃のプロフェッショナルとして知識やテクニックを習得し、十分に活かすことができるレベル、ということを証明する資格が、日本インストラクター協会が主催しているクリーニングインストラクター認定試験です。

クリーニングインストラクターになると、例えば水垢の汚れも、カビも、簡単に落とすことができるようになります。環境にやさしい重曹やクエン酸などの使い方も、今よりもっと活用できるようになります。快適で美しい住まい作り、目指してみませんか。

クリーニングインストラクター認定試験を受けるには

クリーニングインストラクター認定試験は、2ヶ月に1回のペースで開催されています。年に6回です。

受験するタイミングを合わせやすく、計画を立てやすいですね。

また、日本インストラクター協会の認定試験は、在宅受験の形式をとっており、試験会場まで行く必要がありませんので、忙しい方でも受験しやすくなっています。

受験資格は、特にありません。どなたでも試験を受験することができます。
クリーニング資格のクリーニングインストラクターはこちら
受験の申し込みは、インターネットからで、受験料は税込みで10,000円です。

試験の内容について

浴室や洗面所、お手洗い、キッチンなど水回りの水アカや石鹸カス、皮脂汚れ、カビの性質や原因を知り、汚れに応じた洗剤の使い方を学ぶことが必要です。害虫対策や、虫の種類なども問われるようです。また玄関やフローリングや壁の素材と洗剤の相性、種類なども学んでおくとよさそうです。

勉強法としては、クリーニングインストラクター認定試験の資格取得を目的とした通信講座などがありますので、受講しながら学ぶことをおすすめします。すでに、掃除に関する知識をお持ちの方は、独学で受験しても良いと思います。

試験を受けたら

合格するには、70%以上の評価を得ることが必要となります。

在宅受験ですから、準備さえしっかりしておけば、合格できるでしょう。

合格すると、合格通知が1ヵ月後に自宅に届きます。

また、有料で合格認定証と認定カードを発行することができます。それぞれ税込み5,500円になります。

資格認定の証をきちんとした形で受け取ると、大きな達成考えられるものです。合格できたあかつきには発行してみてはいかがでしょうか。

クリーニングインストラクターとしての活躍

ハウスクリーニング業界での経験がある方、現在もお勤めの方は、スキルアップにつながるのではないでしょうか。また、独立開業もできますし、楽に効率よくできる清掃法についてのセミナー講師や、自宅などで教室を開いたりして、学んだ技術を広めることができます。自宅でも、ハウスクリーニングのプロとして一目置かれるようになるでしょう。

きれいな住まい作りは、生活も潤いそうですね。
ハウスクリーニング掃除  ハウスクリーニング掃除

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です