クラフトハンドメイドマイスター認定試験口コミ評判

手作りのアクセサリーや小物雑貨、世界に一点だけの作品が並ぶお店に行くと、ワクワクします。

もし自分で作ることができたら、と思ったことはありませんか。

これからの寒い季節、マフラーや手袋を、既製品ではなく手作りならではの温かみと、他にはないオリジナルアイテムで、冬を楽しめたらおしゃれですね。

そしてさらに、クラフトハンドメイドマイスターになると、自分の作品がお店に商品として置かれ、その商品を気に入った人が、購入してくれるのです。

好きなことを職業にできるなんて、とても素敵なことです。

クラフトハンドメイドマイスターになるには

趣味を職業にするために資格を取得するには、日本デザインプランナー協会主催のクラフトハンドメイドマイスター認定試験がおすすめです。

認定試験を受けるには、手芸全般の知識やテクニックを身に付ける必要があります。また、装飾糸や毛糸の使い方、染め物の知識なども問われます。カルチャースクールで学ぶ方法もありますし、通信講座を受講しての自宅学習という方法もあります。

認定試験について

日本デザインプランナー協会主催の認定試験は、年間6回実施されています。

およそ2カ月に一度開催されているので、集中して2カ月で資格取得目指すことも可能です。どんな方でも受験することができるので、忙しい方でも計画を立てやすいと思います。

受験申込方法はインターネットからできます。

試験会場は自宅になります。ですから、移動時間がかかりません。

受験料は、消費税込みで10,000円です。

合格を目指して

クラフトハンドメイドマイスター認定試験の合格基準は、70%以上の評価を得ることが必要です。努力次第で十分に取得が可能な範囲です。

試験内容としては、装飾糸や毛糸の使い方や名称、ミシンの使い方、編み物の種類と基礎知識、染め物の基礎知識、布を使った小物、クラフトデザインで使う生地の種類、などの理解です。
クラフト資格のクラフトハンドメイドマイスターはこちら
(以前はクラフトマイスターという名称でしたが、現在はクラフトハンドメイドマイスターに変更になりました。試験内容などの変更はないようです。)

合格後の活動について

日本デザインプランナー協会の認定資格は、一定以上のスキルがあることを証明しているので、社会でも役に立つことでしょう。

合格認定証を発行することができるので、必要な時は提示することもできますし、自身のモチベーションにもつながります。

合格後は、毛糸や糸のメーカーや手芸専門店、雑貨メーカーなどに就職する方も多いですが、副業として自宅で制作をしたり、教室を開いたり、様々な活動をすることができます。

資格取得のために学んだことを活かして、さらにセンスのよい作品ができあがるのが楽しみですね。自分の技術を活かして、カルチャースクールなどでの講師活動をされる方もいらっしゃいますので、教えたり趣味を共有したり、情報交換をしたりというコミュニティーも拡がりやすいようです。

手作りならではのクオリティの高い作品は、やはり機械では限界があります。大量生産できないことで、逆に価値があるものになります。手作りでないとつくれない商品を企画するという仕事もあります。自分で作った一点ものの商品がお店に並び、そして売れた時の喜びは、きっととても大きいものでしょう。
ハンドメイド手芸  ハンドメイド手芸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です