キャンプインストラクターの資格について

キャンプインストラクターとは、キャンプ参加者の安全確保や健康維持に常に気を配り、適切な指導・アドバイスができるスペシャリストのことです。なお、この資格は公益社団法人日本キャンプ協会による民間資格となります。

キャンプインストラクターの主な活躍の場は、自治体や子供会によるキャンプでの指導です。この資格が直接収入に結びつくことは難しいのでビジネスに展開させることは難しいでしょう。キャンプが好き、人が好き、自然が好きという人には向いており、自然体験活動を通して自然の大切さを学んでほしいという人には、ぜひ取得してほしい資格です。

キャンプインストラクター資格取得までの道のりについて

キャンプインストラクターの資格を取得するためには、各都道府県にあるキャンプ協会が主催する講習会に参加する必要があります。講習会の全カリキュラムを修了し、試験に合格すれば資格を取得することが可能です。

カリキュラムをきちんと受講すれば、試験はほぼ100%合格できるとされています。

キャンプインストラクターの養成講習会について

キャンプインストラクターの講習会は、受講する地域によって開催時期が異なります。おおむね春~秋ごろが多いようです。最新情報は、実施先による「キャンプインストラクター養成講習会日程」ページでご確認いただけます。各地域ごとに案内が用意されていますので、希望する受講地の概要へアクセスし、ご確認ください。(案内はPDF形式となります)

また養成講習会に関するお問い合わせは、各地域のキャンプ協会で受け付けています。(連絡先は同ページに掲載)

■カリキュラム内容について
養成講習会は、「理論分野」と「実技分野」、「キャンプの生活技術」、「キャンプの安全」の4つのカリキュラムによって構成されています。それぞれの詳細は、以下の通りです。

理論分野(計:10時間)
・キャンプの特性
・キャンプの対象
・キャンプの指導
・キャンプの安全

実技分野(計:10時間)
・様々なアクティビティ(5時間)
・そのほか下記いずれかの内容
(野外ゲーム、キャンプソング、登山、ハイキング、キャンプクラフト、星座観察、自然観察、野鳥観察、冒険プログラム、イニシアティブゲーム、ニュースポーツ、創作芸術活動、雪上活動、地域研究、水辺活動、各種パッケージドプログラム、オリエンテーリング、ウオークラリー、サイクリング、採集活動、キャンプファイアー、ナイトプログラム

キャンプの生活技術(計:4時間)
下記いずれかの内容を実施。
・テント設営
・野外炊事
・工具および道具使用法
・ロープワーク
・天気予報
・観天望気

キャンプの安全(計:1時間)

キャンプインストラクターの課程認定団体について

大学生や専門学校生の場合、通っている学校がキャンプインストラクターの課程認定団体であれば、学校の授業を通して資格を取得することができます。この場合、講習会を受講する必要はありません。

■課程認定団体(一例)
明治学院大学
大原簿記公務員専門学校 千葉校
学校法人ルネス学園甲賀健康医療専門学校
東京家政大学児童教育学科
大原スポーツ公務員専門学校宇都宮校
東京国際大学
精華女子短期大学
横浜リゾート&スポーツ専門学校
公益財団法人大阪YMCAウェルネス事業本部
神奈川大学人間科学部

そのほかの団体に関しては、こちらからご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です