キャンドルデザインマスター認定試験口コミ評判

色や香りや形を自分好みにしてキャンドルをデザインし、自分で創作できたら素敵ですよね。

キャンドルデザインを趣味にしている方は意外と多くいらっしゃいます。思ったよりも簡単で、自由に制作できるので、趣味としても楽しみやすいのです。そんな趣味を、自分だけのものにするのではなく、資格として活用できたら、さらに楽しさ広がると思いませんか。

そんな方のために、キャンドルデザインマスター認定試験があります。キャンドルデザインマスターという資格は、しっかりとした技術を持っていることが認定される、日本デザインプランナー協会主催の資格です。中には資格を持っていなくても、キャンドルデザイナーとして働いている方もいらっしゃいますが、キャンドルデザインマスターという認定を持っていることで、信頼されることも多くあるでしょう。

認定試験について

日本デザインプランナー協会が主催しているキャンドルデザインマスター認定試験は、キャンドルデザイナーとして幅広い知識を持ち、一定以上の技術を持っていることを認定しています。基準はしっかりとしているので、認定試験を合格すると、合格認定書を発行していただくことができます。

なお、「キャンドルデザインマスター」は、以前「キャンドルマイスターデザイン」という名称から変更になりました。名称変更に伴う、試験範囲や合格基準などの変更は一切ないとのことです。

試験勉強で広がる輪

キャンドルデザインマスターは、キャンドル作りの材料の種類、道具、工程、技法の基礎知識、キャンドルの演出についてやアレンジ法など、制作に関する知識が必要になってきます。通信講座やカルチャースクールでの講座を受講すると、勉強期間は短く取得できます。同じ趣味を持つ方々と交流することもできるので、スクールに通うのはおすすめです。他の人の作品を見て視野が広がることもあるでしょうし、情報交換ができることで幅が広がることもあるでしょう。

日本デザインプランナー協会の認定試験

日本デザインプランナー協会の認定試験は、年間6回行われています。約二カ月に一度のペースで実施されているので、努力次第では二カ月間での資格取得が可能といえます。試験は在宅受験ですので、自宅が試験会場になります。忙しい方や、外出が難しい方、どんな方でも受けることができるようになっています。移動時間などを考慮しなくて済むのは、どんな方にもうれしい制度です。申し込みもインターネットからですので、どこからでも申し込むことができます。
キャンドル資格のキャンドルデザインマスター
受験料は、消費税込みで10,000円になります。

思い立った時がその時だと思って、まずは申し込んでみてはいかがでしょうか。

合格基準

合格通知は約一カ月後に、郵送にて届きます。

問題全体の70%以上の正解で合格となります。

活躍の場

キャンドルデザインマスター認定試験に合格すると、地域やカルチャースクールでの講師をすることができます。自宅での教室開業をされる方もいらっしゃいます。また、インテリア雑貨やキャンドルを取り扱っている会社に就職したり、販売店員として働いたりすることもできます。個人で販売される方もいらっしゃいますので、色々な形で活躍することができそうです。

空いている時間で、趣味を仕事につなげられたら人生の幅も、もっと広がりそうですね。
キャンドル  キャンドル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です