キャンドルアドバイザー認定試験口コミ評判

アロマキャンドルやカップキャンドル、モチーフキャンドルといった様々な種類のキャンドルを自分で作れたら楽しいですよね。そして、キャンドルの作り方を人に教えることができたら、もっと楽しいですね。自分の技術が認められたらいいと思いませんか。資格を持っていると、信頼されやすいものです。

そこでお勧めしたいのが、キャンドルアドバイザーという資格です。日本インストラクター協会が主催しているこの認定試験は、一定の水準以上のスキルを持っていることを証明できます。

なお以前は、「キャンドルインストラクター」という名称でしたが、このたび「キャンドルアドバイザー」という名称に変更になりました。名称変更に伴う試験内容や資格内容の変更はないとのことです。

日本インストラクター協会の認定試験

キャンドルアドバイザー認定試験は、年間6回行われています。

試験会場は自宅です。在宅受験形式なので、会場を選んだり道を調べたりといった手間は一切ありません。忙しい主婦や社会人、学生、すでにキャンドルに関わった仕事をしている方など、どのような方でも受験できます。

申し込みはインターネットからできます。

受験料は、消費税込みで10,000円です。
キャンドル資格のキャンドルアドバイザーはこちら
自宅で試験を受けて、期間内に日本インストラクター協会に郵送します。結果はおよそ一カ月後に郵送にて届きます。合格したら合格証明書を発行することができます。証明書があるのは嬉しいですし、モチベーションにもつながりますね。

試験対策と合格基準

全体の70%以上の評価で合格です。およそ二カ月に一度の間隔で認定試験が実施されるので、勉強を始めてから最短二カ月で合格される方もいらっしゃいます。通信講座などを受講すると近道だと思います。もちろん自宅での自己学習でも可能性は十分にありますが、理解度の確認や、基礎知識のノウハウや効率の良さという観点から考えると、通信講座またはカルチャースクール、資格講座などに通うことをおすすめします。

試験内容

ベーシックキャンドル、フローティングキャンドル、カップキャンドル、グラスキャンドル、モチーフキャンドル、アロマキャンドルなどの創作方法と基礎知識が問われます。また、素材の活用法や応用技術も必要です。それらを他人に教えることができるというレベルまで習得できていることが大事です。

日本インストラクター協会とは

教える力を中心に、技術の向上や社会的認知度を広げるためにできた資格認定制度です。各分野の技術と教える力を兼ね備えたインストラクターを育成し、増やすことを目標にしています。

キャンドルアドバイザーとして

合格後は、カルチャースクールや地域の教室などの講師活動ができます。自宅で教室を開く方もいらっしゃいます。様々なキャンドルを自家制作し、販売するといったこともできます。教室などでは、コミュニケーションの場としても活用することができます。同じ趣味を持つ方々との交流をもつことで、情報交換やさらなる技術の向上にもつながります。

新しい形のキャンドル作りに挑戦するのもいいですね。お店のディスプレイやリラクゼーション施設に置いていただけたら素敵ですね。

時間の使い方に応じて活用できる資格があると、すごく楽しいですね。
キャンドル  キャンドル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です