キッチン心理カウンセラー認定試験の口コミと評判まとめ

キッチン心理カウンセラー認定試験の口コミ情報と評判をまとめています。

飲食関係の就職に俄然有利に働くと言われているキッチン心理カウンセラー。

初めてこの資格を知ったという方も、是非一度チェックしてみてください。

 

キッチン心理カウンセラーとは?

キッチン心理カウンセラーとは、キッチン周りのデザインや配置がどう人の心理に影響を与えるのか。

そして現状を改善するためにはどういった処置が有効なのかを、的確に判断できる能力が求められる資格になります。

キッチン心理カウンセラーの認定試験は日本メディカル心理セラピー協会が行っています。

主婦の方が副業のために取得し、多種の心理カウンセラーよりも比較的難易度が低く、それでいて実生活にも活用できる資格として注目されています。

口コミ情報でもよく、手軽に取得できる心理カウンセラー資格としても紹介されていますので、ご存知なかったという方は、是非認定試験の受験も視野に入れてみてください。

また仕事とは別に、お子さんがいるご家庭や新築の予定がある旦那さんが取得しているケースも増えてきています。

キッチン周りの知識やケアというのは、まだあまり専門職として認識されていない部分も多いので、学生にとってはチャンスです。

 

キッチン心理カウンセラーの口コミ情報

キッチン心理カウンセラーの口コミ情報をまとめました。

心理カウンセラーの中でも、資格が容易と言われる事の多いキッチンカウンセラーですが、実際には勉強をしっかりしておかないと、取得が難しい資格です。

現在勉強中でなかなか厳しいと感じている方も、是非参考にしてみてください。

キッチン心理カウンセラーはこちら 

キッチン心理カウンセラーは就職にも有利?

キッチン心理カウンセラーの就職先には、キッチンデザイン、キッチンスタッフがあります。

中には百貨店等でキッチンのオーダーメイド受付をされている方も。

単純にキッチンデザイナーという形で就職されている方はいても、心理カウンセラーとしての側面を持ち合わせている方は現状多くはありません。

そのためキッチン心理カウンセラーという職業は実益としてしっかりと役立つ資格である事には間違いないのです。

勿論そのためには、キッチン周りの知識だけではなく心理学としての知識を十分に備えておく必要があり、それをクライアントだけではなく、一般のお客さんにしっかりと説明できるスキルが求められます。

 

キッチン心理カウンセラーの給与について

キッチン心理カウンセラーは就職先次第で大きく変わるのが特徴です。

最も多くもらっているキッチンデザイナーで1000万円以上の方も。

キッチン心理カウンセラーを取得し、キッチン周りの施行業者に携わっている方は400万ほど。

どういう職種になるのかによって違いはありますが、キッチン心理カウンセラーとしての仕事内容は、そこまで大きく変わらないというのが実情です。

 

キッチン心理カウンセラーになるためには

キッチン心理カウンセラーになるには、日本メディカル心理セラピー協会の認定試験に合格する必要があります。

認定試験の受験料は10,000円。

必要正答率は70%で、年6回の試験が開催されています。

インターネット申し込みができ、在宅で受験する事が可能になっています。

試験の内容は実際の生活内容に照らし合わせた出題傾向が高いため、受験予定の方はこの点を重点的に勉強されるのをおすすめします。
キッチン心理カウンセラー  キッチン心理カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です