キッチン心理士認定試験の口コミと評判まとめ

キッチン心理士の認定試験に対する口コミや評判をまとめています。

キッチン心理士は心理学とキッチン周りの知識、そして実際にその場所を使う人を想定した理想的な空間演出ができる能力を求められる職業。

取得難易度は一般的なアドバイザーよりも低い傾向にあるものの、アドバイザーとしての意識が強く求められますので、人に教える仕事という認識を持つ事が大切です。

 

キッチン心理士とは?

キッチン心理士とは、その名称通り、キッチン関連のデザインや使い勝手が人に与える影響を考えながら、適切なアドバイスができる有資格者の事を指します。

なかなか馴染みのない資格かもしれませんが、キッチンデザイナーや家具関連のセールスでは有益な資格として知られています。

資格の取得には日本インストラクター技術協会が行っている認定試験に合格する必要があります。

個人としての意識だけではなく、地域医療への参加が必要になる等、アドバイザーとして横の繋がりを持つための知識、ノウハウが必要になるのもキッチン心理士の大きな特徴の一つとなっています。

例えば疾患の予防に対する相互理解やアドバイス、障害者が利用するキッチン周りの提案などを具体的にできる能力が必要に。

キッチン心理カウンセラーの資格と比較すると、キッチン心理士という資格そのものの取得難易度がそれなりに高いため、まずは手始めにキッチン心理カウンセラーの取得をしている方も少なくありません。

指導者や相談役としての敷居を高く感じている方には、まずはカウンセラーとして基礎を学んでいくのもおすすめです。
キッチン心理士はこちら
 

キッチン心理士の口コミ情報

キッチン心理士は口コミ情報を参考にすると、より現実的に見えてくる部分がたくさんあります。

なかなか自分の身の回りにキッチン心理士の資格を持っている人がいない。

そもそもキッチン心理士とは何なのかよくわからない。

こうした質問も口コミ情報としてよく見かけます。

認定試験は難しいものの、どういう有効的な活用方法があるのか。

口コミ情報を元に、ご紹介していきます。

 

キッチン心理士は就職にも有利に働きます。

実際に就業されている方の中には、アドバイザーとしての立ち位置を活かし、デザイナーやリフォーム業者に就職している方がいます。

キッチン心理士という枠組みでの求人は現状少ないものの、個人でアドバイス業務、カウンセリングという形でサービス提供をしている方も少なくありません。

またキッチン心理士としての経験を活かし、最近は本を執筆される方も増えてきています。

お料理関連の本を執筆する芸能人が増えてきていますが、衛生面での知識や心理的な印象を学ぶために、キッチン心理士の資格を取ったという人も。

元々キッチン心理カウンセラーという資格が主婦層に人気を集めていたのですが、最近はワンランク上のキッチン心理士の認定試験を併せて受け、それを実益に繋げるという動きが顕著になってきています。

キッチン心理士が求人情報として掲載される事はまだ少ないものの、有資格として就職が有利になるケースは実際に数多くあります。

 

キッチン心理士になるためには

キッチン心理士になるには、日本インストラクター技術協会が実施している年6回の認定試験の内、自分の都合が合う開催日に受験する必要があります。

受験料は10,000円で、ネット申し込みが可能になっています。

在宅試験方式ですので、リラックスした状態で受験できるのも◎。
キッチン心理カウンセラー  キッチン心理カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です