キッチンスペシャリストについて

キッチンスペシャリストとは、新築やリフォームといった場面で機能・設備ともに、快適で使いやすいキッチン空間を提供し、建築や施工につなぐ専門家です。有資格者は主に建築やリフォームのほか、インテリア、住宅設備業界で活躍しています。

キッチンスペシャリストの試験は学科試験と実技試験によって実施されます。どちらか一方のみ受験することも可能ですし、もちろん同一年内に両方受験することも可能です。

キッチンスペシャリスト資格試験の応募要項について

■受験資格
特に制限はありません。

■試験日程と申込期間
試験日程:12月上旬ごろ
申込期間:8月下旬~10月下旬ごろ

※学科・実技は同日の午前と午後の時間帯に分けて実施されます。時間帯は年度ごとに入れ替えて実施されます。詳細は受験年度の応募要項をご確認ください。

■受験料(税込)
学科試験のみの受験:10,800円
実技試験のみの受験:10,800円
一次試験・二次試験の同時受験:14,000円

■受験地
札幌・盛岡・仙台・高崎・東京・名古屋・金沢・大阪・広島・高松・福岡・沖縄

■お問い合わせ
キッチンスペシャリスト資格試験運営事務局
TEL:03-3233-4808
※受け付けは平日の10:00~12:00、14:00〜17:00
mail:info_kentei@nippan.co.jp

キッチンスペシャリスト資格試験の学科試験について

キッチンスペシャリスト資格試験の学科試験は、択一式のマークシート形式によって実施されます。試験時間は120分、下記の基礎知識を有しているかを審査します。

■住居と食生活に関すること
・家族と生活の変化(生活時間、家事、家計等)
・食生活とキッチン・調理(食品、調理技術等)
・住いの歴史と設備・環境
・キッチン・バスのタイプ、レイアウト、水廻り
・食関連法規
■キッチン空間に関すること
・キッチンのプランニング(レイアウト等)
・キッチンの人間工学(機能寸法、調理の動作空間等)
・キッチンの室内環境(採光・照明、換気、給排水、音等)
・キッチンのインテリア(仕上材、カラースキーム、インテリアスタイル等)
・環境・省エネ関連法規
■キッチン機能に関すること
・システムキッチンの構成材(規格、種類等)
・部品部材のハードウェア(キャビネット等)
・ビルトイン機器(冷凍冷蔵庫、食器洗い乾燥機、加熱調理機器等)
・電気・ガス・水道の基礎(電気設備・ガス設備等)
・設備関連法規・JIS・ISO・省エネ等
■キッチン設計施工に関すること
・キッチンと設計図書(設計図書、表現図法等)
・設計実務(設計条件、計画図面等)
・施工実務(施工条件、施工図面等)
・設計施工の実務(プレゼンテーション、設計施工等)
・建築関連法
■キッチン販売に関すること
・マーケティング(市場、商品、企画、開発等)
・販売概論(販売計画、コミュニケーション活動等)
・販売実務(コンサルティング、見積、契約等)
・販売基礎(利益管理等)
・販売関連法規
キッチン心理士はこちら
キッチン心理カウンセラーはこちら

キッチンスペシャリスト資格試験の実技試験について

キッチンスペシャリスト資格試験の実技試験では、平面図、展開図、立体表現等の図面表現等の筆記を行います。試験時間は120分です。キッチン空間にkなする企画力と提案を行う能力の有無が審査されます。

■持ち込める筆記用具
鉛筆やシャープペンシル、消しゴムを使い、フリーハンドで作成する事を原則としていますが、下記のものを持ち込むことも可能です。

・字消し板
・直定規
・電卓

キッチン心理カウンセラーキッチン心理カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です