ガーデニングアドバイザー認定試験口コミ評判

素敵な庭作りをしている家は結構たくさん見かけます。ガーデニングという趣味が、かなり普及していますし、土をいじるという作業は心を落ち着かせる効果もあるようです。

今、ガーデニングや庭園の資格を取得したいという方はとても増えています。

おすすめは日本生活環境支援協会のガーデニングアドバイザー認定試験です。日本生活環境支援協会は、生活していく上で必要な様々なことを資格として認定しています。豊かな暮らし、より快適な暮らしのお手伝いができる確かな人材を育成するために、資格認定試験を行って、それぞれの技術のレベルを証明しています。認定されるには、社会に十分通用するレベルが必要とされているので、趣味の範囲を超えて、職業として活躍することも考えることができます。

受験方法

日本生活環境支援協会の試験は、インターネットから申し込んで受験します。

試験は2ヶ月に一度ペースで実施されています。年に6回ありますので、計画を立てやすいですね。

受験料は10,000円(税込)です。受験資格は特にありませんので、どなたでも受験することができます。

また、在宅受験形式となっています。申し込み後、自宅に受験票・試験問題・解答用紙が郵送されてきます。

都合の良い日を選んで受験してすることができるのは、忙しい方にはうれしい受験スタイルですね。

試験の内容と勉強方法

基本的なガーデニングの知識、ガーデンデザインの技術、能力が問われます。

花木の名称と種類、植栽プラン、ガーデンの設計・施工、管理の方法などについて出題されるようです。

ガーデニングの教科書や参考書はたくさんあるので、すでに趣味とされている方やガーデニングの経験がある方は、独学で受験することも十分に可能だと思います。
ガーデニング資格のガーデニングアドバイザーはこちら
初心者の方やこれから習得していきたいという方には、資格取得のための通信講座をおすすめします。空いた時間や自分のペースで学ぶことができますし、試験対策もすることができます。

資格の認定

試験の結果で一定の基準の評価を受けることが、合格の条件です。基準は70%です。

在宅受験ですから、しっかり準備をして、落ち着いて試験に臨みましょう。

合格すると、1ヶ月後に合格通知が自宅に届きます。

また、それぞれ5,500円(税込)となりますが、合格認定証と認定カードを発行することもできます。

資格認定を証明するものですから、充実感もひとしおですよ。

ガーデニングアドバイザーとして活躍するには

地域の施設などでセミナーを開いたり、講座の講師を務めたりしての講師活動をすることができます。同じ趣味を持つ方とのコミュニティを広げて、交流したり情報交換をしたりして、さらにガーデニングの知識を広めたり深めたりしている方は多いようです。

ガーデンの企画設計などを行い、園芸関係の企業で働く方もいらっしゃいます。就職を希望されている方も、就職活動の際、役に立つこともあるかもしれません。

花や植物の知識があると、仕事だけでなく、趣味で取得された方も視野が広がっていると思います。

習得した技術を活かして、まずは自宅や家族など、身近な人の家の庭を、素敵なガーデニングデザインを施し喜んでもらってはいかがでしょうか。
ガーデニング園芸  ガーデニング園芸

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です