カリグラフィー資格人気ランキング

カリグラフィー

文字を綺麗に見せる技術として有名なカリグラフィーは、今やさまざまな場所で見かけることができます。
主に英字を書くときに用いられる手法ですがその応用先は幅広く、きちんとした技術を学ぶことで将来に活かすことができるのです。

カリグラフィーに興味があり、そのスキルをこれから自身の活動に利用していきたいのなら、こちらで関連する資格をチェックしてみましょう。
以下の人気ランキングを参考に資格取得を目指せば、カリグラフィーを本格的に仕事や生活に役立てていくこともできますよ。

カリグラフィーのスキルを周囲に証明するには、実際の作品を見せるだけでなく、資格取得という実績が重要となります。
自信を持ってカリグラフィーの能力を発揮していくためにも、この機会に専用の資格を勉強していくことがおすすめです。

資格取得をきっかけにして、カリグラフィーを使った新しい趣味や仕事が見つかるかもしれませんよ。

1位 カリグラフィーデザイナー

カリグラフィーのスキルを高め、実践的な能力を身に着けたいのなら、日本デザインプランナー協会の「カリグラフィーデザイナー」がもっともおすすめされます。
資格取得のために学んだ時間とその結果は、カリグラフィーのプロとして生きる糧になることでしょう。

カリグラフィーデザイナーは、カリグラフィーのこれまでの歴史や道具、その他業界に関係する知識などを問われる資格です。
そのため資格取得まで努力することができれば、自然とカリグラフィーの専門家に必要な能力を身に着けることができるでしょう。

専門用語についても学ぶことになるので、カリグラフィーの初心者もこちらの資格を目指して勉強すれば、実践で使える知識を蓄えることができます。
デザイナーとして活動したいけど、まだカリグラフィーに関する知識が十分でないといった場合も、臆せずカリグラフィーデザイナーの資格を狙ってみるといいですね。

またカリグラフィーデザイナーは、カリグラフィーのスキルを高める練習方法や上達のためのコツも習得することが求められます。
それは自分自身の能力を高めることはもちろん、カリグラフィーに興味があるたくさんの人たちをサポートすることにもつながるでしょう。

資格取得後は自宅や教室で講師活動が行えるため、その知識を本格的に仕事に応用することができるのも魅力。
カリグラフィーの面白さを誰かに伝えたいと思えるのなら、カリグラフィーデザイナーの資格取得は欠かせませんね。

2位 カリグラフィー飾り文字インストラクター

カリグラフィーの書き方やその種類について正しい知識を持つ人材であると認められれば、日本インストラクター技術協会の「カリグラフィー飾り文字インストラクター」資格を受け取れます。
文字としての魅力を引き出し、宣伝効果や芸術性を高めるカリグラフィーの使い方を理解していることを証明するには、うってつけの資格だといえるでしょう。

カリグラフィーのフォントには、ゴシック体やイタリック体、ラスティック体やブックハンド小文字体といったさまざまな種類があります。
それら1つ1つの書き方や使用例を熟知することは、プロのカリグラフィーデザイナーに求められる能力となるのです。

カリグラフィー飾り文字インストラクターの資格を取得することは、その求められる能力を有している証にもなります。
そのため資格取得後はカリグラフィーの魅力を活かしたい企業や個人事業主たちから、多くの依頼を受けられるようになるでしょう。

単純にカリグラフィーを書けるだけじゃなく、その種類に関する知識や技術を持てば、あらゆる場面への応用が可能となります。
将来的には仕事の幅を広げることにもなるので、文字に関する作業やデザインを職業にしたい人はぜひこの資格をチェックしておいてください。

資格取得後は講師として活動することが可能となるため、カリグラフィーのプロへと続く扉が本格的に開かれることになるでしょう。
安心できる地盤を作ることにもつながるので、プロを目指すときこそカリグラフィー飾り文字インストラクターの資格を目指してみることがおすすめです。

3位 公益財団法人 日本手芸普及協会(JHIA)のカリグラフィー講師資格

じっくりと時間をかけてカリグラフィーについて学ぶことができる「公益財団法人 日本手芸普及協会(JHIA)のカリグラフィー講師資格」も、有力な資格となっています。
本科、高等科、講師科、指導員、師範といった5つのステップに別れていて、理解度に合わせて学習が行われるスタイルです。

無理をせずに自分の能力を高めていくことができるため、本気でカリグラフィーの知識を学びたい人にピッタリの資格だといえるでしょう。
将来の仕事や趣味の中でカリグラフィーを活かしていきたときは、今のうちに少しずつ公益財団法人 日本手芸普及協会(JHIA)のカリグラフィー講師資格を学んでいくといいですね。

西洋の書道ともいわれるカリグラフィーは、日本でもさまざまな場面で活用できます。
しかしそこには当然正しい知識と技術が求められるため、本資格を上手に利用して必要となるカリグラフィーの能力を磨いていきましょう。

まとめ

一種の芸術ともいえるカリグラフィーには、専門の技術や知識がたくさんあります。
それらを効率よく習得していくには、資格取得のための勉強が近道となることでしょう。

この記事を機に資格をチェックしたならば、ぜひ本格的なカリグラフィーの学びに挑戦してみてください。
カリグラフィー資格  カリグラフィー資格