カラーセラピー認定試験口コミ評判

カラーセラピーとは、色によって様々な心の動きや状態を診ることです。カウンセリングや治療などにも取り入れられている方法です。リラックスを目的としたサロンや美容院などでも使われていることもあります。カラーセラピストは、色を通して深層心理を読み取ることができます。色彩心理学ともいわれていて、とても注目されている分野の一つです。

色々な分野にも取り入れることができるので、知っていると日常的に役に立つことも多いでしょう。例えば、会う人や場所に応じて物事がスムーズに運ぶ色やその組み合わせを、身に付ける物に取り入れることをさりげなくできたりします。気分が落ち込んでいるときに、自分の心が明るくなる色を取り入れて、気持ちを軽くすることもできます。色と心の関係の知識を身に付けていれば、とても便利で快適な暮らしが送れそうですよね。

カラーセラピー認定試験は、趣味や生活向上の目的から仕事でも活用できるような幅広い知識を持っている者に認定される資格です。身に付けた証としての資格取得を目指してみませんか。

日本メディカル心理セラピー協会について

日本メディカル心理セラピー協会では、心のケアを中心とした認定試験による資格の取得を行っています。これは、それぞれのスキルが社会で十分に通用するということを表わしたものです。必要な水準が決められているので、資格取得を目指すことで、技術や能力の向上につながります。また、目的に応じて、技術を有効活用させることができる人材の育成を目的としています。

認定試験について

申し込みは、日本メディカル心理セラピー協会のホームページから、申し込みます。受験料は、消費税込みで10,000円となっています。
カラーセラピー資格のカラーセラピーはこちら
試験日程は、約2カ月に一度の間隔で年に6度ほど実施されています。

在宅受験なので、安心した環境で落ち着いて試験に臨むことができます。緊張しやすい方には嬉しいですし、忙しい方には移動時間がないのでありがたいですね。

合格の基準について

70%以上の評価を得ることができれば合格です。

試験に合格すると、合格認定証と認定カードを発行することができます。有料ですが、合格を手にする喜びはモチベーションにもつながりますし、資格を取得したという意識にもつながりますね。発行手数料は、それぞれに5,500円です。

カラーセラピー認定試験の資格取得を活用して

カラーセラピー認定試験に合格したら、カラーセラピストとして様々な場所での活躍が期待されています。

医療機関や介護施設で、カラーセラピストとして、お部屋のカラーを担当し明るい雰囲気を作ることで、患者様や利用される方が喜ばれたということも多くあるようです。また、自宅で開業し、カラーセラピーのセミナーを開いたり、カウンセリングを行ったりという活動をされている方もいらっしゃいます。アロマトリートメントやネイルとの組み合わせで、カラーを取り入れてリラクゼーション効果を高めたりしているという方もいらっしゃいます。インテリア関係やファッション関係のお仕事の方でも、カラーセラピーの技術を活用していらっしゃる方も多いです。

自宅や職場にさりげなく取り入れることができるので、カラーセラピーの資格を取得すると、生活の中でたくさん活用できそうです。
カラーセラピー  カラーセラピー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です