カフェオーナー経営士認定試験口コミ評判

現在カフェや飲食店、その企業で働いている方、将来お店を持ちたいと考えている方には、とてもおすすめの資格が、日本安全食料料理協会が主催している、カフェオーナー経営士です。

もちろん就職活動に向けた資格取得の一つとしても、履歴書に記入することができるので、有利に働くことがあるかもしれません。

カフェオーナー経営士資格認定試験は、カフェオーナーの知識と、それを実際に活用できる能力があることを認定します。

「カフェオーナー経営士」は、以前「カフェマイスター」という名称でしたが、名称を変更することになりました。名称変更に伴う、試験範囲や合格基準などの変更は一切ありません。とのことですので、名称変更のみの認識で大丈夫です。

認定試験の受験について

本認定試験をはじめとする日本安全食料料理協会の試験は、年間6回実施されています。

申し込みは、インターネットから行います。

2ヶ月に一回のペースですから、忙しい方でも、予定が立てやすくなっています。

しかも、自宅で試験を受ける形となっています。試験問題や解答用紙が自宅に届き、試験期間内の都合の良い日を選んで自宅で受験することができます。そして、提出期限までに日本安全食料料理協会まで郵送します。
カフェ資格のカフェオーナー経営士はこちら
受験資格は、特にありません。働きながらでも、忙しくても試験を受けられるように環境が整っているので、挑戦しやすいですね。受験料は税込10,000円です。

受験に向かっての準備として

マーケティングの基礎知識から戦略方法について、開業から運営の基礎知識、カフェの企画と計画、内装や設備についての基礎知識を学んでおくことが必要なようです。

通信講座を利用するか、資格取得のためのスクールに通うことをおすすめします。効率よく基礎から学ぶことができるので、短時間で資格取得を目指す方には良い方法だと思います。また、指導する立場になった時にきっと役に立つことも多くあるのではないでしょうか。

開業という大きな夢に向かいながら、どのようなお店がいいかイメージや計画を立てながら学ぶと、より現実的かつ楽しく身に付けることができそうですね。

試験に合格するには

試験の結果、正解率が合格基準の70%以上であれば、認定を受けることができます。

きちんと準備しておけば、完璧でなくても、合格できるレベルです。

合格すると、合格通知が1ヵ月後に郵送されてきます。

また、別途、合格認定証と認定カードを発行することができます。それぞれ税込5,500円となります。

せっかく受けた認定ですから、発行して合格の喜びをさらに大きくする、というのはいかがでしょうか。

カフェオーナー経営士としての道

開業してカフェやコーヒーショップ、飲食店を持つことができます。すでに働いている方は、従業員としてだけでなくオーナーとしての立場や視点で物事を見る力がついていると思いますので、今後の昇進や独立に向けても活躍が期待されます。

また、カルチャースクールや短期講座などの講師として、指導することもできます。

資格を活かして、自分で思い描いたような素敵なお店作りと、後輩への指導ができていくとオーナーとして、きっと成功ですね。
コーヒー・カフェ  コーヒー・カフェ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です