カクテル資格人気ランキング

カクテル資格

はじめに

カクテルには、いろいろな種類があり、レシピの種類は増え続けています。お酒が好きな人は、自分の好みの隠れるレシピをいくつも持っていることでしょう。カクテルを作るにも、資格があります。もちろんなくても作ることはできますが、より専門的な知識を得ることができます。カクテルの資格は、どんなものが人気なのでしょうか。

1位 カクテルソムリエ

ソムリエとは、ワインの知識があり、料理やテーマに合ったワインをオススメできる人のことです。カクテルにも、ソムリエという資格があります。日本安全食料料理協会が発行している資格です。試験については、受験資格は特になし、受験費用1万円、インターネットで申し込み在宅で受ける試験です。70パーセント以上の評価で合格です。カクテルの種類、レシピ、ベースのリキュールの選び方、ステア・ビルド・シェイクの使い分け、フルーツカットの技術など、カクテルに関するあらゆる知識と技術を習得しているかが問われます。
カクテル資格のカクテルソムリエはこちら

2位 カクテルバーテンダー

2位はカクテルバーテンダーです。コンシェルジュというのは、ホテルにいる案内人のことです。お客様のあらゆる要望に応えてくれる人です。観光案内やチケットの手配もしてくれます。カクテルバーテンダーは、日本インストラクター技術協会からの資格です。受験するための資格は特になく、受験料は1万円、インターネットで申し込み在宅で試験します。70パーセント以上の評価で合格となります。試験は、2ヶ月に1回のペースで開催されています。カクテルの技法や道具の選び方、アルコール度数の調整、好みの色を出す方法、卵や生クリームを使ったレシピなど、カクテル全般の知識が問われます。
カクテル資格のカクテルバーテンダーはこちら

3位 カクテルマイスター

カクテルマイスターのマイスターとは、ドイツの国家資格の名称です。ドイツでは、産業によってマイスターがあり、とても権威のある敷くとして知られています。さて、カクテルマイスターとは、formie(フォーミー)というオンライン資格通信講座ポータルで取得できるものです。指定の講座を受講した後試験を受け、合格すると認定されます。費用は、受講の教材、試験料、認定証、資格発行サポートまで含んで27000円です。2700円の10回払いという分割支払い方法もあります。カクテルについて基礎と応用、実践的な部分の知識を得ることができます。カクテルマイスターの資格は、飲食店への就職、レストランオーナーなど、実務に直結しています。

4位 カクテルアナリスト

アナリストというのは、証券会社で業界分析や企業分析をする専門家の名称です。カクテルについても、専門家ということです。カクテルアナリストは、日本能力開発推進協会の資格です。洋酒に関する専門知識、カクテルを作るための知識、カクテルの配合について、シェイクなどの専門技術を取得していると証明されるものです。カリキュラム認定講座を受講してから、試験を受けるシステムです。費用は、認定講座36000円、ネット割引きで26000円、受験料は5600円です。試験は在宅で行います。バー関係や飲食業界の就職に有利です。

5位 カクテルアドバイザー

カクテルについて助言してくれるのか、カクテルアドバイザーです。これは、日本ホテルバーメンズ協会(略称はHBA)から発行される資格です。ライフスタイルの中にカクテルの知識を入れたい人、仕事のスキルアップとしてカクテルについて知識を得たい人のための資格です。通信講座を受け、添削問題を提出し、そのあと在宅で試験を受けて合格すると、カクテルアドバイザーとして認定されます。20歳以上の人が対象で、通信講座と受験料で費用は36000円必要です。

まとめ

カクテルの人気資格について紹介しました。カクテルについての資格はまだまだたくさんあります。どの資格をとるか選ぶポイントは、資格を取ってどうしたいか、という部分を考えます。趣味として知識を持っていたいのか、バーなどの飲食店で仕事をしたいのか、あるいは独立開業したいのか、です。また、資格が取れるまでしっかり自分で勉強することも大切です。
カクテル  カクテル