エクステリア心理カウンセラー認定試験の口コミと評判まとめ

エクステリア心理カウンセラーの認定試験に関する口コミ情報と評判等もまとめています。

また初めてエクステリアというワードに触れる方にも、詳しく解説。

具体的なお仕事情報も参考にされてみてください。

 

エクステリア心理カウンセラーとは?

エクステリア心理カウンセラーとは、日本メディカル心理セラピー協会が認定試験を実施しているカウンセラー資格になります。

心理カウンセラーという言葉をご存知の方が多くても、エクステリアがよくわからない。

こういった方が非常に多く、口コミでもそもそもエクステリア心理カウンセラーの認知度が低いという評判や評価も少なくありません。

そのため、まずはここをしっかりと解説していきます。

エクステリア心理カウンセラーとは、建築や敷地内の景観が心理的にどういった印象を与えるのか。

逆に心理的に良い印象、ヒーリング効果を与えるためには、どのようなエクステリアデザインが有効なのか。

こうした建築に関する心理カウンセリングができる技術と知識が必要とされる資格になっています。
エクステリア心理カウンセラーはこちら
 

エクステリア心理カウンセラーの口コミ情報

エクステリア心理カウンセラーの口コミ、評判をまとめてみました。

前述の通り、あまり認知度が高い資格とは言えませんが、既に取得されている方の情報はかなり参考になります。

 

エクステリア心理カウンセラーの給与について

エクステリア心理カウンセラーの給与に関しては、エクステリアデザイナーとしての技量に左右される部分が多いという口コミ情報が印象強くありました。

具体的には500万~700万円といった広い平均年収が目立ち、エクステリア心理カウンセラーの資格だけで、こうした給与を得ている方はあまりいないイメージが強くなっています。

 

エクステリア心理カウンセラーの就職状況

エクステリア心理カウンセラー単体のみでの求人というのは現状、それほど多くはありません。

実際にエクステリア心理カウンセラーの口コミでも、建築士として就職をし、必要になったのでエクステリア心理カウンセラーの資格を取ったという人が多いです。

中にはエクステリア関連の心理資格があるという事をご存知ない方も実際にいました。

これから注目されていく資格である事に間違いはありませんが、自分からエクステリア心理カウンセラーの資格保有者であるという事をアピールしていく必要があり、それが自身の就職を有利にしたという実例は少なくありません。

一般的な心理カウンセラー資格のように、活躍する場が多くされている訳ではないのですが、エクステリア関連の有資格者自体が日本国内では少ないという事を鑑みると、逆に有利な資格という意見も。

また、エクステリア心理カウンセラーと同時に、アドバイザーとしての資格を取得している方も多いです。

こちらはエクステリア心理士というしっかりとした資格がありますので、同時取得を目指してみるのもおすすめです。

 

エクステリア心理カウンセラーになるためには

エクステリア心理カウンセラーになるには、日本メディカル心理セラピー協会が年6回開催している認定試験を受ける必要があります。

合格ラインは正答率70%以上。

受験料は10,000円となっています。

受講申請はネットから可能で、在宅受験を行う事になります。
エクステリア心理カウンセラー  エクステリア心理カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です