エクステリア心理アドバイザー認定試験の口コミと評判まとめ

エクステリア心理アドバイザー認定試験の口コミ情報と評判等をまとめています。

指導者としてエクステリア心理アドバイザーの資格取得を目指している方。

エクステリア心理カウンセラーの資格を持っている方で、さらにワンランク上の資格取得を目指している方向けの情報が多くなっています。

 

エクステリア心理アドバイザーとは?

エクステリア心理アドバイザーとは、エクステリアの基本的な知識と技術だけではなく、心理アドバイザーとして具体的な現場指揮、アドバイスができる能力を持っているのかを、日本インストラクター協会が認定試験で判断し、資格に足る能力があれば認可するという、かなり高度な資格として認知されています。

具体的にどういった資格なのかと言うと、エクステリアアドバイザーとしての基礎知識(工程管理・精算管理等)を持った上で、エクステリアデザインがどのように心理的な印象を与えるのか。そして現場に対して、どのような指示をするべきなのか。

ここをしっかりと理解し、実行できる能力を持っているという事を示す資格になります。

ハードルが非常に高く、エクステリアの知識、または資格はあるけど、心理アドバイザーとしては難しい。

こうした認識を持っている方も少なくありません。

しかし着実に勉強をしていけば、必ず合格できる資格ですので、エクステリア心理アドバイザー認定試験に備えて、まずはしっかりと準備をしていきましょう。
エクステリア心理アドバイザーはこちら 

エクステリア心理アドバイザーの口コミ情報

エクステリア心理アドバイザーに関する口コミ情報を給与と就職という形態で、実際の状況と数字に照らし合わせてまとめています。

他の資格とは異なり、エクステリア心理アドバイザーの場合は、既に建築関係のお仕事に従事されている方が多く、付加価値としてどう有利に働くのか。

実際の仕事環境がどう変わるのかといった部分を気にされている方も多いかと思います。

 

エクステリア心理アドバイザーの給与

エクステリア心理アドバイザーは給与面でもなかなかの高評価。

一般的には600万円~700万円の年収に結びついているという方も少なくありません。

中には1000万円以上の高額年収者も。

ただし給与が上がった分だけ、アドバイザーとしての現場指揮を行う機会が増え、仕事自体が大変になったという意見も少なくありません。

 

エクステリア心理アドバイザーの就職

エクステリア心理アドバイザーの主な就職先としては、建築関係がほとんど。

一般的な心理アドバイザーとは異なり、あくまでもエクステリア関連のお仕事先が多くなっています。

建築系の学科を受講している学生が取得しているケースも多いですね。

実情としては、既に建築関係、特に造園や施行業者として就業している方が、心理学の知識を勉強し、そこから資格を取得したという口コミ情報が非常に多くありました。

転職をする際にも、自身の価値を高める資格と評価している方も少なくありませんので、エクステリア心理アドバイザー認定試験に備えている方は、是非がんばっていきましょう。

 

エクステリア心理アドバイザーになるためには

エクステリア心理アドバイザーになるには、日本インストラクター協会が行っている、年6回の認定試験のいずれかに合格する必要があります。

ネット申し込みが可能で、在宅試験もできます。

受験料は10,000円。
エクステリア心理カウンセラー  エクステリア心理カウンセラー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です