インド料理資格人気ランキング

インド料理

みなさん、インド料理について資格がいくつかあるのをご存知でしょうか?インド料理の人気が高まりつつある昨今実は、インド料理についての資格の需要も高まってきています。

インド料理と聞くとカレーでしょ?とか、特別なスパイスがいっぱい必要なんでしょ?というのが本音でとっかかりにくいところはありますよね。しかし、インドにいって実際にスパイスなどを入手しなくても本場の味付けでおいしいインド料理を作ることは可能です。

ですが、やはりそれなりに知識が必要で調理法なども変わってくるので資格として取得することに価値があるのです。

しかし、資格を取ろうと思っても、「どの資格をとればよいかわからない」と悩んでしまう人が多いです。自分の予算や目的にあった資格を取ることが大切ですが、それがわからず、意図しない資格を取得してしまう人も珍しくありません。

そこで本日はそんなどれが自分にあった資格なのかわからないという人のために、この資格について、オススメ順にランキング形式で準備したので是非参考にしてみて下さい。

1位 インド料理ソムリエ

こちらは日本安全食料料理協会主催の資格で十分に実力を証明してくれる資格である上に在宅受験や70%以上の合格率を誇り、時間のない方や、スクールに通えないと言った方でも気軽に受験できます。また、受験料は10000円です。

インド料理の歴史からなぜ、インドではその料理が有名なのか、その調理方法や味付けなどについて学ぶことができます。この資格一つ持っておけばインド料理についてはバッチリといって問題はないでしょう。

カレーのイメージが強いインドですが、スパイスは同じなのでカレー以外にも生かすことができ、インド風の味付けで様々な料理を作ることも可能です。

こちらの資格は充実した講座が用意されており、諒設計アーキテクトラーニングが主催する講座を活用すると、学習、添削、卒業、試験申し込み、試験、資格取得というプロセスで資格を取得することができます。

一般の講座は59,800円で受講できるのですが、79,800円でスペシャル講座という講座も用意されています。こちらは、学習、添削、卒業、資格取得、という試験も受けることなく卒業と同時に資格をもらえるというまさにスペシャルの講座です。一見値段も高いように見えますが、資格の需要と価値をよく考えてみて、一般の講座がスペシャルの講座のどちらかを選ぶようにすると良いでしょう。

2位 インド食文化インストラクター

こちらは日本インストラクター技術協会主催の資格で在宅受験や自宅レッスンが可能な資格となっています。こちらも受験料は10000円で充実した講座、スペシャル講座も用意されています。

こちらは、インド料理の味付けや調理方法は去ることながら、よりインドの食文化について詳しく学ぶことができます。ただ料理や味付けを、学ぶだけでなくよりインドについて知りたい、インド文化に触れたいという方にオススメの資格です。

また、この資格は他人に教えることができるレベルであると認められた人にのみ送られる資格です。そのため、独立して開業できるというのも大きな魅力の一つとなっています。つまり、この資格を元にスクールを開き、講師業を営んだり、各地に赴いて講演することも可能です。転職や、開業、独立を考えているかたにはぴったりの資格です。

3位 カレーマイスター

こちらは、日本野菜ソムリエ協会主催の資格です。この資格のメリットはとても気軽に資格が取得できるということでしょう。しかし、簡単に取得できる分、1, 2位の資格と比べるとその実力証明の効力や、知識の量は劣ってしまいます。知名度もまだそこまでないので、まずは資格を取得してみたいというかたにはオススメの資格です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はをインド料理人気資格ランキング発表させていただきました。
この資格は今とても人気がでてきていて、ブームとも言えるのでそれを元に仕事を探したいという方や趣味で取得したいという方には大変有効なのではないでしょうか?
ぜひこちらの記事を参考にして取得する資格を決めてもらえば幸いです。
インド料理資格  インド料理資格