インテリアデザイナー認定試験口コミ評判

建物の内部やその全体のデザイン・構成を手掛けるインテリアデザイナーは、建築の分野で様々な活躍をしています。

一般住宅からマンション、オフィス、ホテル、店舗や公共施設、飛行機、船舶、鉄道、自動車など、それぞれのコンセプトに合わせた室内、照明や家具、設備品のデザイン、壁紙の模様、時にBGMや季節感など、人々が快適に過ごせる空間作りを演出するための、相談からコンサルティングまで、幅広い知識が必要な職業です。

昨今、こうしたインテリアに高いデザイン性を求める人が多くなってきているので、仕事としての活躍の場が広く、必要性の高い職種となってきています。

インテリアデザイナーになるには

インテリアデザイナーには、感性豊かな色彩感覚とデザイン感覚、そのセンスが問われます。そして、安全性や実用性、快適さも考慮したデザインができることも重要なことです。

必ずしも資格が必要というわけではありませんが、専門学校や大学で知識や感性を学び、企業や事務所で働きながら、さらなるスキルを身に付けるべく学んでいる人が多いようです。

一流といわれるほどのプロになるには、長い年月がかかるといわれているインテリアデザイナーですが、一つの基準として、日本デザインプランナー協会(JDP)では、認定試験を行っています。

インテリアデザイナーを目指す方はもちろん、現在インテリアデザイナーとして働いている方も受験することができます。

合格後は、認定証を発行することができるので、きちんとした水準をクリアしているという証にもなりますし、モチベーションにもつながります。自分自身への評価を感じることができるのもメリットの一つです。

認定試験

照明や家具など、インテリアに関する商品の知識や、販売技術、インテリアデザイナーとしての幅広い知識が必要になります。また、表現力や色彩感覚のセンスも問われてきます。

そのほかに、コストの計算や、契約内容の説明、プレゼンテーション能力も必要になっていきます。

仕事の中で実践しながら学んでいる方が多いですが、通信教育もあるので、自宅で学習することも十分に可能です。

日本デザインプランナー協会主催の試験は、自宅での受験になるので、面接などはありません。実力を十分に発揮しやすく、落ち着いた空間で受験できるというのは、自宅受験ならではの魅力です。
インテリアデザイナー資格のインテリアデザイナーはこちら
申し込みはインターネットからになります。

受験料は、消費税込みで10,000円です。

 試験日程

年間6回、およそ2カ月に一度試験が行われているので、自分の学習ペースや都合に合わせて受験することができます。

忙しくても、2カ月に一度なら、計画を立てやすいものです。

 合格基準

全体の70%以上で合格となります。

合格後は、フリーランスで事務所を構えている方も多くいます。

自ら椅子やテーブル、家具のデザインやインテリア雑貨を制作し、販売する方もいます。特許登録も可能なので、使用料などの収入も得ることができます。

また、インテリアデザイナーとしてだけでなく、自宅やカルチャースクールで講師として活動することもできます。

今から目指す方も、すでにインテリアデザイナーとして働いている方も、ワンランクアップの活躍が期待できる資格となりそうです。
インテリアデザイナー  インテリアデザイナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です