インテリアアドバイザー認定試験口コミ評判

インテリアには様々な種類があります。

インテリアショップのカタログや、ショールームに行くと、素敵な家具がたくさん並んでいて、夢がふくらみます。

しかし、自分の好きなものだけを選べばいいということではありません。ある程度の統一性がないと、部屋に配置してみたら家具とカーテンの色や柄が合っていなかった、なんてことになるのは悲しいですよね。

そのような失敗をしないために手助けをするのが、インテリアアドバイザーです。

お客様の好みや希望をお聞きしながら、喜んでいただけるお部屋作りを提案できるこの仕事は、充実感も達成感もあり、快適な暮らし、空間作りにとても重要です。

インテリアアドバイザーには、必ずしも資格がなくてはならないというわけではありませんが、日本デザインプランナー協会主催のインテリアアドバイザーの資格は、能力を証明するという意味でも重要な役割となることでしょう。

 インテリアアドバイザーに必要なこと

適切なアドバイスができること、スケッチやCGの専門スキル、コミュニケーション力、提案力、スケジュール管理能力が問われます。

ショールームやインテリアショップなどに訪れるお客様が安心して相談できるような人材が必要とされていますので、清潔感や明るい人柄、話を聞く能力も大切ですね。

インテリアコーディネートやカラーコーディネートの知識やスキルももちろん大切です。その上で、お客様に合ったアドバイスができる能力を高めていくと、インテリア業界で幅広く活躍できるはずです。

インテリアアドバイザー認定試験を受けるには

日本デザインプランナー協会では、様々な認定試験を行っています。
インテリア資格のインテリアアドバイザーはこちら
およそ2ヶ月に一度の間隔で、年間6回、試験は行われます。

申し込みは、インターネットからで、受験料は10,000円です(消費税込み)。

在宅受験という形をとっているため、会場までの道に迷うこともありません。

移動時間を確保する必要がないのは、忙しい方にとってはありがたいシステムです。

試験と評価

合格には、70%以上の評価が必要です。

簡単ではありませんが、努力すれば合格できる基準です。

2カ月に一度実施されているというのは、目標が立てやすいです。

日本デザインプランナー協会には、協会認定の講座もありますので、一度受講してみるのもおすすめです。

日本デザインプランナー協会について

この協会は、デザイン技術の社会的地位の向上を目指し、それぞれの技術の水準を高めようと、認定試験を行っています。

デザイン業界で求められるスキルを十分に理解し、有効に活用できる人材の育成、増員を目指しています。

現在25の資格認定試験を行っていますが、インテリアアドバイザーの資格も、現場において活用できる能力を持った証として、自信につながることと思います。

資格取得の証として、認定証の発行が行われているので、モチベーションにもつながります。

資格の活用方法

インテリアショップやショールーム、ホテルや店舗、公共施設の内装に関わることももちろんですが、優秀なインテリアアドバイザーを多く育てるために、カルチャースクールなどの講師活動や、自宅での教室を開催することもできます。

お客様の喜びを目の前で見ることができるのも、幸せな職業の一つですね。
インテリアデザイナー  インテリアデザイナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です