アーユルヴェーディックアロマセラピー検定について

アーユルヴェーディックアロマセラピー検定とは、日本アロマコーディネーター協会が実施する検定試験のひとつです。なお、この資格は民間資格となります。

アーユルヴェーディックアロマセラピーは日本アロマコーディネーター協会によるオリジナルのアロマケアです。本来はアロマテラピーに属さないアーユルヴェーダにある「香りを日常で活用せよ」という教えや「鼻は脳の入口であり、意識の扉である」という嗅覚に関する考え方はアロマテラピーにも活かすことができます。そのため、アーユルヴェーダの論理に基づいてアロマの精油を選ぶことができたり、アーユルヴェーダに使用するハーブが入手できない場合、精油を補助として使用することが可能です。

こうした相互関係にあるアーユルヴェーダとアロマテラピーの両方の知識を身につけることで健康や美容に関する可能性を広げることができます。アロマテラピーやアーユルヴェーダなどリラクゼーションに関するものに興味がある人には特に適した資格です。

アーユルヴェーダについて

アーユルヴェーディックアロマセラピーはアロマ関連の資格ですが、資格の特性上、アーユルヴェーダに関する知識を十分に身につけなければなりません。

アーユルヴェーダとは、インドで5000年以上伝承されている伝統医学です。アーユルはサンスクリット語で「生命」という意味になり、ヴェーダは「科学」という意味になります。

その名の通りアーユルヴェーダの真髄は生命を科学することであり、健康的な生活に欠かせない病気予防から疾病治療など包括的な知識が凝縮されています。

世界3大医学とも呼ばれ、世界保健機構(WHO)によって公式に承認されています。日本でもヨガの人気とともに認知度が高まっています。

アーユルヴェーディックアロマセラピー資格取得までの道のりについて

アーユルヴェーディックアロマセラピー検定の資格を取得するには、実施先によるカリキュラムを修了し、検定試験に合格しなければなりません。なお、カリキュラムはウェブで受講が可能となっています。内容は、以下の通りです。

■カリキュラム内容
1)アーユルヴェーダの基礎理論
2)ドーシャ(体質)について
3)調子が悪いときの原因の見方・分析
4)各ドーシャ悪化により表れる症状(健康面・美容面・心理面
5)アーユルヴェーディックアロマセラピーにおけるキャリアの考え方
6)アーユルヴェーディックアロマセラピーの実践(朝・夜のセルフマッサージ)
7)アーユルヴェーダの食の考え方

カリキュラムの申し込みや資料請求は、こちらをご覧ください。

■受講料(税抜)
通常:60.000円
JAA正会員:40,000円
JAS受講生:30,000円

アーユルヴェーディックアロマセラピー検定試験について

アーユルヴェーディックアロマセラピー検定は、所定のカリキュラムを修了した人のみが受験できます。試験形式は在宅受験となっており、試験は月2回実施されます。(詳しい日程は実施先へご確認下さい)

試験は理論形式による筆記試験によって行われます。受験料は税抜きで10,000円です。

■お問い合わせ
日本アロマコーディネーター協会
〒171-0022
東京都豊島区南池袋1-25-9今井ビル5F
TEL:03-5928-3100
FAX:03-5928-3500

お問い合わせフォームは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です