アニマル・ヘルス・テクニシャン(AHT)について

アニマル・ヘルス・テクニシャン(AHT)とは、病気やケガをした動物を看護するための知識や技術を持つことを証明する民間資格です。いわば、動物医療における看護師資格となります。動物関連の業界では認知度が高く、また非常に高い評価を受けているので、この業界での就職や転職を希望する人には、とても役立つ資格です。

これからのアニマル・ヘルス・テクニシャンには、動物医療の看護師としての補助枠の域を超え、動物や飼い主の気持ちを汲み取ることや、動物・飼い主・獣医師の架け橋となることが期待されています。

そのため、アニマル・ヘルス・テクニシャンには、グルーミングやしつけ訓練の知識・技能といったテクニック面のほか、単に動物が好きという気持ちだけでなく、命を尊重する気持ちや、人間との共生を目指す心構えが求められます。

アニマル・ヘルス・テクニシャンはもともとアメリカの大学で養成コースが設立されていました。日本に導入されたのは1970年代ごろで、このとき養成コースやライセンス制度が確立しました。2012年3月末の時点では、約5,900名がこの資格を取得しています。

アニマル・ヘルス・テクニシャン(AHT)の受験資格について

アニマル・ヘルス・テクニシャン(AHT)にはライセンス試験があります。ただし、この試験を受けるには、実施先が提示しする受験資格を満たさなければなりません。受験資格は、下記の3項目となります。

1)動物看護に関する3年以上の課程を有する、学校教育法が定める専門学校、短期大学、大学(以下、同様とする)を卒業した者(卒業見込者を含む)

2)動物看護に関する2年の課程を有する専門学校を卒業し、且つ2年以上の実務経験 を有する者

3)資格認定委員会が学習及び実務に於いて同等と認め、20歳に達した者

アニマル・ヘルス・テクニシャン(AHT)ライセンス試験の応募要項について

アニマル・ヘルス・テクニシャン(AHT)のライセンス試験は、受験年度によって応募要項に多少の変動があります。下記の内容は目安としてご参考ください。詳細は、受験年度ごとに発表される実施先の詳細をご確認ください。

■試験日程
筆記:1月中旬~2月中旬ごろ
面接:2月中~下旬ごろ

■申込期間
10月中旬~11月中旬ごろ

■受験地
認定校各校舎

■費用
受験料:10,000円
登録料5,000円

■お問い合わせ
NPO法人日本動物衛生看護師協会
〒151-0063東京都渋谷区富ヶ谷2-14-8-201
TEL&FAX:03-5454-2531

お問い合わせフォームは、こちら

アニマル・ヘルス・テクニシャン(AHT)ライセンス試験の試験内容について

アニマル・ヘルス・テクニシャン(AHT)のライセンス試験は、「筆記」「実技」「面接」の3つの方法によって実施されます。試験の内容は、以下の通りです。

・生命倫理と職業倫理
・動物と衛生に関する法規
・ヒトと動物の共通感染症、疾病の知識
・動物看護に関する知識と技能
(臨床検査・診察補助・動物看護・救急看護・手術補助・動物医療機器、薬物、栄養学等)
・動物の特性、形態機能等に関する知識
・病院受付業務
・飼い主指導とアドバイス

受験資格を問う時点で動物看護に関する知識をある程度積んでいることが求められるため、合格率も高く、例年99%前後の人が合格しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です