アスレティックトレーナー(スポーツ指導者)について

アスレティックトレーナーとは、公的資格である「スポーツ指導者」のうち「メディカル・コンディショニング資格」に属する資格のひとつです。「メディカル・コンディショニング資格」の取得者は、主に医療機関やスポーツクラブチームなどで医科学をもとにした健康管理や、栄養・食事面でのスポーツ支援を行います。その中でもアスレティックトレーナーは、スポーツドクターやコーチとの連携を大切にした業務を行います。具体的には、競技者の健康管理やスポーツ外傷・障害の救急処置、障害予防、リハビリなどです。

アスレティックトレーナーの資格を取得するには、所定のカリキュラムを受講し、筆記試験などに合格する必要があります。

アスレティックトレーナーの講座について

■受講資格
下記の項目にすべて該当することが条件となります。

・受講年度の4月1日の時点で満20歳以上の者
・実施先加盟団体、または実施先が特に認める国内統轄競技団体が推薦し、本会が認めた者

■カリキュラムの種類と時間
共通科目
・共通科目I、共通科目II、共通科目III
・集合講習40時間、自宅学習112.5時間の合計152.5時間となります

専門科目
・日本体育協会によって実施されます
・集合講習190時間、自宅学習410時間の合計600時間です

■実施期間
6月~翌々年3月

■申込期間
3月上旬ごろ

■受験料(教材費含む)
共通科目:19,440円
専門科目:72,360円

別途、実技試験検定料32,400円が必要になります。

■合格基準
共通科目:筆記試験を実施。6割以上で合格
専門科目:理論試験と実技試験による総合判定。ただし実技試験は、理論試験に合格しないと受験できません。

■問い合わせ
日本体育協会スポーツ指導者育成部
TEL:03-3481-2226

そのほか都道府県体育協会、中央競技団体など。

アスレティックトレーナー共通科目のカリキュラム内容について

【共通科目Ⅰ】
・文化としてのスポーツ
・指導者の役割Ⅰ
・トレーニング論Ⅰ
・スポーツ指導者に必要な医学的知識Ⅰ
・スポーツと栄養
・指導計画と安全管理
・ジュニア期のスポーツ
・地域におけるスポーツ振興

【共通科目Ⅱ】
・社会の中のスポーツ
・スポーツと法
・スポーツの心理Ⅰ
・スポーツ組織の運営と事業
・対象に合わせたスポーツ指導

筋トレ資格の筋トレインストラクターはこちら
トレーニング資格のトレーニングサポーターはこちら

【共通科目Ⅲ】
・指導者の役割Ⅱ
・アスリートの栄養・食事
・スポーツの心理Ⅱ
・身体のしくみと働き
・トレーニング論Ⅱ
・競技者育成のための指導法
・スポーツ指導者に必要な アスリートの健康管理医学的知識Ⅱ

アスレティックトレーナー専門科目のカリキュラム内容について

■アスレティックトレーナーの役割
1)アスレティックトレーナーとは
2)アスレティックトレーナーの役割
3)医科学スタッフとの連携協力
4)組織の運営と管理
5)アスレティックトレーナーと倫理

■スポーツ科学
1)トレーニング科学
2)バイオメカニクス
3)運動生理学
4)スポーツ心理学

■運動器の解剖と機能
1)運動器の解剖と機能概論
2)体幹の基礎解剖と運動
3)上肢の基礎解剖と運動
4)下肢の基礎解剖と運動

■スポーツ外傷・障害の基礎知識
1)スポーツ外傷・障害総論
2)上肢のスポーツ外傷・障害
3)体幹のスポーツ外傷・障害
4)下肢のスポーツ外傷・障害
5)重篤な外傷(頭部、脊髄損傷、大出血、等)
6)その他の外傷
7)年齢・性別による特徴(女性、高齢者、発育期、等)
8)整形外科的メディカルチェック

■健康管理とスポーツ医学
1)アスリートにみられる内臓器官などの疾患
2)感染症に対する対応策(呼吸器感染症、血液感染症、皮膚感染症など)
3)アスリートにみられる病的現象など(オーバートレーニング症候群、突然死、過換気症候群など)
4)特殊環境のスポーツ医学(高山病、低圧、高圧、低温、高温など)
5)年齢・性別による特徴(女性、高齢者、発育期など)
6)内科的メディカルチェック
7)ドーピングコントロール

■検査・測定と評価
1)アスレティックトレーナーに必要な評価
2)アスレティックトレーナーに必要な検査測定の手法
3)スポーツ動作の観察と分析

■予防とコンディショニング
1)コンディションの把握と管理
2)コンディショニングの方法
3)コンディショニングの実際
4)競技(種目)特性とコンディショニング
5)外傷予防に必要な環境整備

■アスレティックリハビリテーション
1)アスレティックリハビリテーションの考え方
2)運動療法(アスレティックリハビリテーションにおけるエクササイズ)の基礎知識
3)物理療法と補装具の使用に関する基礎知識
4)外傷ごとのリスク管理に基づいたアスレティックリハビリテーションのプログラミングと実践(体幹)
5)外傷ごとのリスク管理に基づいたアスレティックリハビリテーションのプログラミングと実践(上肢)
6)外傷ごとのリスク管理に基づいたアスレティックリハビリテーションのプログラミングと実践(下肢)
7)競技種目特性に基づいたアスレティックリハビリテーションのプログラム

■救急処置
1)救急処置の基本的知識
2)スポーツ現場における救急処置
3)外傷時の救急処置
4)緊急時の救命処置
5)内科的疾患の救急処置
6)現場における救急体制

■スポーツと栄養
1)アスリートの身体組成、からだ作りとウェイトコントロール
2)トレーニングスケジュール、競技特性と食事、コンディショニングと栄養摂取、水分補給
3)栄養欠陥に基づく疾病と対策
4)特殊環境下における栄養ケア
5)サプリメントの利用時の留意点
6)アスリートの栄養教育

■現場実習

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です