お菓子資格人気ランキング

お菓子

みなさん、お菓子の資格にはどのようなものがあるのか知っていますか?

近年、インスタ映えするお菓子などの急速な人気により、自分でもお菓子を作りたい、誰かに作ってあげたいと言う方を対象にお菓子作りの資格を取得する人が増えて来ています。しかし、お菓子にも色々な資格があり、どの資格を取れば良いのかわからない、と言う人は多いです。

今日はそんな人に向けて、お菓子の資格を人気別に紹介していきます。この記事を読めばどの資格を取れば良いのかと言うことに悩むこともなくなりますので是非参考にしてみてください!

1位 製菓アドバイザー

こちらは日本安全食料料理協会主催の資格で十分に実力を証明してくれる資格である上に在宅受験や70%以上の合格率を誇り、時間のない方や、スクールに通えないと言った方でも気軽に受験できます。

この資格は、お菓子作りにおいて、技術や知識が十分で他人に教えることができるレベルであると認められた人にのみ送られる資格です。しかもこの資格を持っていれば独立して開業することもでき、この資格を元に講師として活動することも可能です。お菓子の資格を取得する上で一番オススメの資格です。

2位 お菓子作りインストラクター

こちらは日本インストラクター技術協会主催の資格で在宅受験や自宅レッスンが可能な資格となっています。こちらも製菓アドバイザー同様十分に実力を証明してくれる資格である上に在宅受験や70%以上の合格率を誇り、時間のない方や、スクールに通えないと言った方でも気軽に受験できます。
お菓子、特に洋菓子を作る上での知識やお菓子作りに使用する道具などに詳しくないといけません。

洋菓子の種類やレシピを理解し、温度の調整やそれによって生まれる科学反応なども知っている必要があります。学ばねばいけないことも多いですがそれほど要素がつまっていて実力を十分に発揮してくれる資格と言えます。この資格も大変メジャーで人気な資格になっています。

3位 スウィーツ・スペシャリスト

こちらはハッピーチャレンジゼミ主催の資格となっています。一流のパティシエから理想的な記事作りを学ぶことができるため、生きたスキルを身につけることができます。

お菓子でも主にケーキ類に的を絞っていて、本格的な生地やクリームを作りたいと言う方には欠かせない資格となっています。

4位 スイーツコンシェルジュ

こちらは一般社団法人日本スイーツ協会が主催の資格です。こちらは実際にスキルアップセミナーや資格取得者によるイベントなどオフラインのつながりもあるようです。一人ではなく、友達や仲間と一緒に切磋琢磨しながら資格を取得したいと言う方にはオススメの資格です。

5位 菓子製造技能士

こちらは国が主催する技能試験に合格した方にのみ送られる国家資格です。国家資格なのでどこでも通用しますが、実技の難易度と合格率をみるとしっかりと勉強しておいた方が良さそうです。費用も時間もかかりますが、実力の証明には国のお墨付きなので難しくてもいいから国家資格が良いと言う方にオススメの資格です。

6位 製菓衛生師

こちらも国家資格になります。都道府県が主催する試験に合格した人に送られます。ただ、知名度はまだそれほど高くなくメジャーとは言えません。その上国家資格ということで難易度もそれなりです。

しかし、今のお菓子作りブームから見るに今後資格の価値があがることは間違いないでしょう。国家資格を取ろうかな、と考えている人は検討する価値はありそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回はお菓子の人気ランキングを発表させていただきました。この資格は今とても人気がでてきていて、ブームとも言えるのでそれを元に仕事を探したいという方や趣味で取得したいという方には大変有効なのではないでしょうか?

自分の予算やさける時間を考慮して一番最適な資格を見つけてみてください。
ぜひこちらの記事を参考にして取得する資格を決めてもらえば幸いです。
お菓子資格  お菓子資格