いやしのカウンセラー(JAA)について

いやしのカウンセラーとは、日本アロマコーディネーター(JAA)協会が定める認定資格のひとつです。アロマセラピーとしての活動に加えて、セラピストとしての技能が高いことが証明される資格となっています。

いやしのカウンセラーの主な役割は、お客様の話にしっかりと耳を傾け、何を望んでいるのか、またどんなコミュニケーションを望んでいるのかを理解すること、そしてこれらをアロマセラピーに活用することです。コミュニケーションを重視することでリラクゼーション効果をより高め、お客様が満足できる施術を行うことができます。

いやしのカウンセラーの有資格者は、実施先が定める手続きを行うことで「JAA登録いやしのステーション」として活動することが可能です。サロンを開いたり、自宅をサロンにすることで独立開業することも夢ではないでしょう。

いやしのカウンセラー資格取得までの道のりについて

いやしのカウンセラーの資格を取得するには、所定のカリキュラムを修了し、実施先による認定試験に合格しなければなりません。試験合格後にJAAのいやしのカウンセラー会員として登録を行うことで、初めていやしのカウンセラーと名乗ることができます。

■カリキュラムの詳細
カリキュラムは、15回にわたる通信講座で受講します。教材は以下の通りです。

・テキスト2冊
・ワークブック1部
・リスニングワークCD1枚
・ビジュアルブック1部
(「ポエムカード」「色彩カード」「こころの絵」)
・レッスン&アロマガイド1冊
・履修票など

なお講座の内容には、課題レポートの提出も含まれています。

■旧カリキュラム受講者について
旧カリキュラムの場合12回の受講となっているので、別途トレーニングプログラムに申し込む必要があります。なお、こちらのプログラムも通信タイプです。

いやしのカウンセラーの認定試験について

いやしのカウンセラーの認定試験は、在宅受験となっています。詳しい試験日程や申し込み時期などは実施先へお問い合わせください。

試験は理論試験と小論文のふたつの筆記試験によって実施されます。受験料は税抜きで10,000円です。

実技試験は、実施先が指定する会場で受験します。試験内容は、モデルに対するフェイシャル~デコルテのトリートメントです。

アロマフェイシャルリラックス(AFR)の資格登録について

認定試験の合格者は、日本アロマコーディネーター協会(JAA)によるいやしのカウンセラー会員に登録します。その際、登録手数料として20,000円(税抜)が必要です。

また、日本アロマコーディネーター協会での資格登録が初めての場合は、年会費として12,000円(税抜)が別途必要になります。すでにほかの資格登録で日本アロマコーディネーター協会に登録済みの場合は必要ありません。

■旧養成講座を受講の場合
旧いやしのカウンセラー養成講座やヒーリングのためのカウンセリング講座を受講した場合は、トレーニングプログラムまで修了後、試験に合格してからJAAのいやしのカウンセラー会員として登録する必要があります。

■お問い合わせ
日本アロマコーディネーター協会
〒171-0022
東京都豊島区南池袋1-25-9今井ビル5F
TEL:03-5928-3100
FAX:03-5928-3500

お問い合わせフォームは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です