「ハングル」能力検定試験について

「ハングル」能力検定試験とは、日本語を母国語とする人を主な受験対象者とした、韓国・朝鮮語に関する語学能力を判定するための検定試験です。なお、ハングルとは韓国語や朝鮮語に用いられる文字を指します。

すでに出願者は30万人を超えており、2006年からはコミュニケーション能力を重視した傾向がみられます。

受験者で特に多いのが就職の自己PRを目的とした高校生や大学生です。資格取得者の中には、入奥管理事務所や税関といった国際的な官庁業務に携わる人や韓国人との交流機会がある一般企業や金融機関に就職している人もいます。

このほかでは韓国との触れ合いを求める主婦による受験や、社会人が習い事の一環として受験しているケースもみられます。

「ハングル」能力検定試験の受験要項について

■受験資格
特に制限はありません。

■試験日程
春季と秋季の年2回実施します。

春季試験:6月第1日曜日
秋季試験:11月第2日曜日

■受験料(税込)
1級:10,000円
2級:6,800円
準2級:5,800円
3級:4,800円
4級:3,700円
5級:3,200円

併願は隣り合う級位の場合、可能です。
必ず1枚の願書で一括にてお申し込みください。

■お問い合わせ
特定非営利活動法人 ハングル能力検定協会
〒136-0071
東京都江東区亀戸2-36-12-8F
TEL:03-5858-9101
Fax:03-5858-9103

受付時間:平日10:00~12:00、13:30~17:00

ご不明点はまず、実施先による「よくある質問」ページをご確認ください。

「ハングル」能力検定試験 1級~準2級について

■「ハングル」能力検定試験 1級

一次試験
出題形式:マークシート形式、記述式
※設問は韓国・朝鮮語
試験時間:筆記90分、聞取・書取30分
合格基準:100点満点中70点以上であり、なおかつ筆記30点、聞取・書取16点以上であること

二次試験
試験形式:面接あり
試験時間:1人15分
判断基準:評価は5段階。S、A、B合格、C、D不合格

■「ハングル」能力検定試験 2級

出題形式:マークシート形式
※設問は韓国・朝鮮語
試験時間:筆記90分、聞取・書取30分
合格基準:100点満点中70点以上であり、なおかつ筆記30点、聞取・書取16点以上であること

※第40回試験からマークシート形式のみでの出題となっています。

■「ハングル」能力検定試験 準2級

出題形式:マークシート形式
試験時間:筆記90分、聞取30分
合格基準:100点満点中70点以上であり、なおかつ筆記30点、聞取・書取12点以上であること

60分授業を240~300回受講に相当する学習経験が求められます。

「ハングル」能力検定試験 3級~5級について

■「ハングル」能力検定試験 3級

出題形式:マークシート形式
試験時間:筆記60分、聞取30分
合格基準:100点満点中60点以上であり、なおかつ筆記24点、聞取12点以上であること

60分授業を160回受講に相当する学習経験が求められます。

■「ハングル」能力検定試験 4級

出題形式:マークシート形式
試験時間:筆記60分、聞取30分
合格基準:100点満点中60点以上でであること

60分授業を80回受講に相当する学習経験が求められます。

■「ハングル」能力検定試験 5級

出題形式:マークシート形式
試験時間:筆記60分、聞取30分
合格基準:100点満点中60点以上でであること

60分授業を40回受講に相当する学習経験が求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です